2021.10.21

「もしかして脈ナシ...?」脈ナシを見極めるための3つのポイントとは

 
気になる人とのLINEのやりとりや一緒にいるときのちょっとした仕草や行動は、とても気になってしまいますよね。
 
自分にとってプラスになるのであれば、跳ね上がってしまうくらい嬉しいと感じますし、ちょっとしたことでもマイナスに感じてしまうと、とても深く落ち込んでしまうことがあるでしょう。
 
そんな中で、「もしかして脈ナシなのかな......」と悩んでしまうことってありますよね。
 
今回はそんな脈ナシを見極めるための3つのポイントをご紹介していきます。
 
好きな人の行動やLINEで少しでも不安を感じてしまうことがあれば、ぜひ参考にしてみてくださいね。
 
 
気になる相手であればLINEが来ると嬉しくてすぐに返信したくなりますよね。
 
しかし関心がなかったりすると、後回しにしてしまったり、返信も一言で済ませてしまってやりとりを続けていこうとしなかったりすることがあるかと思います。
 
男性も同じで、脈ナシの場合LINEが来ても後回しにしてしまい、そのまま忘れてしまうということもあります。
 
返信が遅れたことを悪く思っていないので、「返信が遅くなってごめんね」といった人ことがなければ、関心がないと受け取れます。
 
このように、返信が来たとしても遅れたことへの謝罪もなく一言だけしか返信がなかったりすると、残念ながら脈ナシと思ってもいいでしょう。
 
 
他に気になる人や好きな人の話をあなたにしてくる場合には、脈ナシということになります。
 
恋愛の対象としているのではなく、友だちとしているので他に好きな人がいる場合には、相談をしてきたりしてくることが考えられます。
 
あなたのことを何も意識していないからこそ、こうして恋愛トークをしてくるのです。
好きな人には積極的に自分の話をして距離を縮めていこうとしますが、脈ナシの場合は自分の話をあまりしません。
 
一定の距離感を保つためにも、表面的な話題ばかりになりますので、深く掘り下げようともしないので、あまり話も盛り上がらないことがあります。
 
もし一緒に会話をしていて、あなたの好きな人が自分の話をしたがらなかったり、質問をしてもはぐらかされてしまった場合には、脈ナシと捉えていいのではないでしょうか。
 
 
脈ナシの場合には、あなたが積極的にアプローチをしても反応が薄かったり、イマイチ盛り上がらなかったりすることが多いですので、すぐに気づくのではないでしょうか。
 
また、恋愛の話をしてきたり好きな人の相談をされた場合には、すぐに脈ナシであることがわかります。
 
もし気になる場合には、相手の様子を観察してみるといいでしょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事