2021.10.21

「もしかしてもうだめなのかな...」脈ナシLINEの見極め方とは?

 
好きな人とLINEのやり取りができるのはとてもうれしいことでもありますよね。
 
しかし、恋愛に進展させるためにあれこれLINEを工夫して送っていても、返信がそっけなかったり、なんとなくやり取りに温度差を感じてしまう場合には、不安に感じてしまいますよね。
 
頑張ってアプローチを続けていくか、それとも諦めたほうがいいのか、その見極めがなかなか難しいと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
 
今回はそんな脈ナシLINEの見極め方についてご紹介していきます。
 
ぜひ参考にしてみてくださいね。
 
 
どのような内容のLINEを送ったとしても、いつも返信が遅かったりすると、他のことを優先している可能性があります。
 
あまりにも返信が遅かったりすると、後回しにされていることが考えられますので、脈ナシと捉えてもいいでしょう。
 
中には何か用事が合ってすぐに返信ができなかったという場合もありますが、基本的に好きな人からのLINEはすぐに返信したくなりますよね。
 
あなたの好きな人からのLINEが、いつも返信が遅いと感じるのであればなかなか恋愛には進展できないことも考えられるでしょう。
 
 
LINEの返信があったとしても、内容がそっけなかったりすると悲しいですよね。
 
文字だけでの返信や、いつも一言だけで返してくるという場合には、なかなかLINEのやりとりが続きませんので、盛り上げていくことができなくなってしまいます。
 
LINEのやりとりを続けていくことを考えていない場合、返信がそっけないことがあります。
 
その場合には恋愛を発展させていくことがなかなか難しいので、脈ナシと捉えていいでしょう。
 
返信があっても、いつもスタンプだけでは、ないかなかLINEのやり取りが続きませんよね。
 
すぐに返信があったとしても、いつもスタンプで済まされている場合も脈ナシと捉えていいでしょう。
 
今では返信にとても便利なセリフがついているスタンプなどさまざまですが、スタンプで返されるとそのあとにLINEを続けていくことがしにくくなり、やりとりが完結してしまいますよね。
 
また、丁寧な返信だという受け取り方ができなかったりしますので、あまり印象が良くないと感じてしまうこともあるでしょう。
 
 
好きな人とのLINEのやりとりは、いつまでも続けていきたいと思いますし、すぐにでも返信をしたい気持ちになりますよね。
 
また、盛り上げていくためにも絵文字を使ったり質問をしたりと内容を一目見るだけで楽しそうと感じられるはずです。
 
しかし、そっけなかったり返信自体が遅かったりするとなかなか恋愛に発展させていくことは難しいので、脈ナシと受け止めて、次に進んでいくといいのではないでしょうか。
(ハウコレ編集部)

関連記事