2021.10.23

LINEでわかる!【付き合わないほうがいい】男の特徴って?

マッチングアプリやSNSなどを使っていると、気になる男性と会う前に、LINEから交流を深めていくということがありますよね。

しかしネットで出会うと、稀にヤバい男性を引き当ててしまうこともあります。どうにかそのような男性をLINEのやり取りで見抜けないものでしょうか。

そこで今回は、LINEでわかる付き合わないほうがいい男の特徴を紹介していきます。
LINEでわかる付き合わないほうがいい男の特徴としては、返事がないときに連投してくるという特徴となります。

仕事やたまたま気づかなかったなどの理由で、LINEの返事ができないときってありますよね。そのようなとき「おーい」「早く返事して」「無視してる?」「どうしたの?」などの文章を連投してくる人がいます。

このような人は、自分が返事を欲しいタイミングで返事が来ないと我慢できないような人です。相手の事情などまったく想像せず、自分のことしか考えられません。

いわば自己中心的な人ということですので、このような人と付き合ってしまえば、振り回されてしまうことになります。

ひどい場合は暴力を振るったり、ストーカーのようになってしまったりするタイプですので、注意しておいてください。
すぐに責めてくるというのも、付き合わないほうがいい男性の特徴です。LINEをしているとき、相手のある部分を指摘したら、すぐに攻撃を仕掛けてくる人っていますよね。

「それはそっちが悪い」「この前、こう言ったからじゃん」など、自分の非を認めず、相手の責任にしようとする人がいます。

実際にあなたが悪いのであれば、仕方がない部分もありますが、そうではない場合、彼はプライドの高い人です。

誰かに指摘されたり、負けを認めたりすることが我慢できない人ですので、付き合うとかなり面倒臭い相手です。

自分のプライドを守るために、すぐに怒ったり、相手を自分の思い通りにしようとしたりするため、注意しておきましょう。
自分語りが多いというのも、付き合わないほうがいい男性の特徴です。

自分語りが多い男性は、とにかく自分のことが大好きな男性です。そのため、女性のことを思いやる気持ちがありませんし、いざというときは相手に責任を押し付けます。

付き合うと自己中心的で、あなたのことを思いやることをしないため、後悔することが多いのです。
付き合わないほうがいい性格がヤバい男は、LINEの会話の中でその片鱗が見え隠れするものです。

そのため、女性はそれをしっかり見極めて、ヤバい男性を避けることが大切なこととなります。

それができるようになれば、マッチングアプリやSNSを出会いのツールとして便利に使うことができるようになるでしょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事