2021.10.31

男性が「この子と付き合ってよかった♡」と実感する瞬間3選

「この人と付き合ってよかった」と実感する瞬間は、恋人に対する「好き」の気持ちを再確認でき、しかもその気持ちがより強くなるきっかけにもなります。

では男性は、実際にどんなタイミングで「彼女と付き合って、よかったな~♡」と感じているのでしょうか?見ていきましょう。
言い合いのケンカは疲れるし、「この人とずっとやっていけるのかな」と不安にもなります。
逆に冷静な話合いのケンカができると、「この人とは、どんな問題でも話し合って乗り越えていける」と予感できます。

話合いのケンカをするには、「お互いがカッとならないこと」に尽きます。
彼氏の感情のコントロールは彼氏自身にやってもらうしかないですが、あなたはとにかく自分の気持ちをコントロールする。

そうすれば、彼氏も冷静なあなたを見て、ケンカの最中冷静でいてくれるはずです。
家族や友達には話せないような大きい悩みを恋人に話せたとき、肩の荷が降りるのと同時に「自分にとっては、絶対にこの人なんだ」と思えます。これは男女限らずですね。

では、どうしたら彼氏にとってそういう彼女になれるか。
それは、「日々、彼氏の話を丁寧に聞く」ことです。

いきなり「彼女」というだけで最大の悩みを打ち明けてくれることはありません。「好き」と「頼れる」は別物だからです。

普段からデートやLINEで彼氏の小さい愚痴や悩みに、テキトーな反応をせずに一生懸命に耳を傾け、「話してくれてありがとうね」「また何かあったらいつでも言って?」と種を蒔き続けておくことで、次第に「この子になら何でも話せるぞ」という評価に繋がるのです。
最後は、「会えない時間も楽しい」と感じるとき、です。
彼氏にこう感じてもらうためには、会えないときに「さみしい」「構って」とネガティブな気持ちをLINEでぶつけてしまわないこと、そして、《彼氏の私生活に干渉しすぎず、彼氏に仕事や趣味に没頭できる時間を持たせてあげること》の2つが大事です。

「会えない時間」であえて彼氏との距離をとることで、彼氏は自然とあなたのことを想い、「好きだな」「次のデート楽しみだな」と思ってくれるようになります。

ということで今回はこの辺で。また次の記事でお会いしましょう。(遣水あかり/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事