2021.11.03

手のひらから♡好きな人をドキドキさせる【手の繋ぎ方】って?

キスとかハグみたいなスキンシップも大事だけど、実は「手を繋ぐ」のが時間的にも一番長く続けられて、しかもどこでもできるので最強です。

今日は、普段何気なくやっているこの「手を繋ぐ」スキンシップを、お互いにとってもっとドキドキできるようにアップデートしてみましょう。
たとえば、彼が普通に握手するような感じで手を繋いできたら、すかさずあなたは恋人繋ぎに持ち替えてあげる。
彼がはじめから恋人繋ぎをしてきたら、あなたは彼の腕に抱きつくようにして腕を組んであげる。

こうやって、手を繋いでもらった瞬間にすかさず「一段階上」の繋ぎ方に持っていってあげることで、「あなたと手が繋げて嬉しいです」感がより強く出ますので、彼もドキドキできます。

少なくともただ受け身で黙って手を繋がれてしまっているよりは、ね。
デート中ずっとじゃなくていいけど、手を繋いでいる最中に彼の手を自分の手でマッサージしてあげると、彼はすごく喜んでくれるはずです。

恋人間のマッサージって、単純にマッサージとしての気持ち良さプラス、「好きな人と触れ合える幸せ」による気持ち良さの両方があるのがメリットです。

おうちじゃなくても、こうやって外出先でマッサージをいつでも気軽にやってあげられるので、おすすめです。
「ツボはどこかな?」なんて難しいこと考えず、とりあえず彼の手の平や指をくにくにと強めに握ってあげれば十分に気持ちいいです。
二人で繋いだ手を、そのまま彼のポケットに突っ込んであげましょう。
上着でもズボンでもOKです。
生地越しに彼のお腹や太ももを少しすりすりするようにしてあげるとなお良しです。

そうすると服の生地越しにあなたの手が自分の割と敏感な部分をさりげなく刺激してくるのがわかるので、彼はただ歩いているだけなのになんだかムラムラ&ドキドキしてきます。

いやらしい手つきですりすりすると、ガチっぽくて少し引いてしまうかもしれないので、「特に意味もなくすりすりしてるだけですよ」的なさりげない感じでいきましょう。
それがちょうどいいあんばいです。

ドキドキする手の繋ぎ方ができれば、彼はデートの大半をドキドキ状態で過ごしてくれるようになります。
おでかけデートであっても、おうちデートに負けないくらいにたくさん触れ合って、彼に「この子と一緒に歩いているだけでドキドキしちゃう」と思ってもらえたら最高ですね。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事