2021.11.06

「俺って、脈ナシ?」意中の彼に誤解されちゃう女性の言動って?

どうもあかりです。
付き合う前の段階では、男性に「これは脈アリだ!いけるいける!」と調子に乗らせた方がスムーズに事が進みます。

今回は、逆に男性に「これは脈ナシってことかな?」とネガティブな勘違いをさせてしまう女性の言動をご紹介していきますので、ぜひ反面教師にしてもらえたらと思います。
LINEの返信が遅いと、それだけで「これは脈ナシかな」と考えてしまう男性はやっぱり多いですね。

もちろん、どんなにレスが遅くても辛抱強く食らいついてくれるガッツある男性もいますが、それは多数派ではありません。

アプローチを受けている段階では、なるべく返信を早くするか、それが難しければあらかじめ「私、LINEの返信が遅いんだけど、気にしないでね。ちゃんと返すから」と一言言ってあげるとネガティブ勘違いをされずに済みますよ!
デート中にあんまり笑わなかったり、「おいしい」「楽しい」といったポジティブなフィードバックがなかったりすると、男性は「これは厳しいかもな」と思いがちです。

「デートのときに楽しそうにしてくれる」というのが、男性にとって最強の脈アリのサインですから、デート中はいつもより少し元気を出して、「素のままの私」からすればやや過剰と思えるくらいのリアクションをしてあげるくらいがちょうどいいです。
デート後のLINEは、いわば男性に対する「デートの通知表」です。
なのでこれが淡白で素っ気ないと「あなたとのデートはあんまり楽しくなかったです」というメッセージになってしまいます。

デート後のLINEは、「楽しかった」と「また誘ってね」の2つを必ず伝えるようにしてあげるといいでしょう。また、なるべく彼からのLINEを待つんじゃなくて、自分から送ってあげる姿勢も大切です。

ということで今回はこの辺で。
せっかくの恋の芽を潰してしまわないように、「脈ナシ?」のネガティブ勘違いをされないように意識してもらえたらと思います。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事