2021.10.15

今はやめて。男性がスキンシップをしたくないときに出しているサイン

スキンシップは男性が喜ぶタイミングで行えば恋愛において有効な手段ですが、嫌がるタイミングに行うと逆効果になります。
男性が嫌がっているかどうか、きちんと見極めたいですよね。
今回は、男性がスキンシップをしたくないときに出しているサインをご紹介します。
女性がスキンシップしたとき、男性の顔が引きつっていたり無表情だったりする場合、スキンシップをしたくないのかもしれません。
あまり乗り気になれず、嫌がる気持ちが表情に表れます。
男性の乗り気じゃない表情に気づかずスキンシップを続けると、嫌われる恐れも。
スキンシップをする際は、男性の表情をよくチェックするようにしてくださいね。
男性がスキンシップをしたくないとき、触られた部分を女性から離そうとします。
言葉では言わなくても、やめてほしいという明確なサインです。
あなたが男性に触れたとき、触れた部位を引く仕草が見られたら、今はスキンシップをするタイミングではないのかもしれません。
男性からのサインを見逃さないようにしてくださいね。
男性がスキンシップをしたくないときは、スキンシップをしてきた女性から離れることもあります。
拒否をするサインを出しづらいため、物理的に距離を置いて触らせないようにするんです。
あなたが男性に触った際、男性がそっと離れた場合、それ以上追いかけず様子を見たほうがよいかもしれません。
スキンシップをやめてほしいのに女性がなかなかやめてくれない場合、男性はイライラしはじめるでしょう。
ため息をついたり貧乏ゆすりをはじめたり、明らかにイライラしている態度を表に出すことも。
あなたが男性に触っているときに男性がイラ立ちはじめたら、すぐにスキンシップをやめたほうがよいかもしれません。


今回は、男性がスキンシップをしたくないときに出しているサインをご紹介しました。
男性が嫌がっているときは無理にスキンシップをしないようにしましょう。
喜んでもらえるスキンシップをして、2人の距離を縮めてくださいね。

(ハウコレ編集部)

関連記事