2022.01.22

男性のハートに突き刺さる!【本能的で直感的】な愛情表現って?

どうもあかりです。
仕事では「理由」をきちんと説明できないと怒られてしまいますが、恋愛では逆に理由がうまく説明できない「本能的で直感的」な気持ちの伝え方の方が刺さることがあります。
今日はその実例と、「なぜそれが刺さるか」をあわせて考えてみたいと思います。
彼氏に「俺のどこが好き?」的なことを聞かれたときには、「えーっと、優しいところとまじめなところと......」と彼氏の好きなところを並べ立てることが「正解」のリアクションのように思えます。

でも恋愛って不思議なもので、恋人がそうやって「自分を好きな理由」を理路整然と並べ立てれば並べ立てるほど、「じゃあ、優しいとかまじめとか、その理由を全部兼ね備えた奴が現れたらそいつでもいいのかな?」みたいな不安も同時に襲ってきます。

「好き」みたいな恋愛感情って、完全には理屈で説明できない「あなただから好き」って直感的なところがあるから、頑張って理屈で説明し尽くそうとすると逆にチープに聞こえてしまうことがあるんですよね。

なので、あえて理屈で説明するのを諦めて、思い切って「正直うまく理由は説明できないんだけど、とにかくめっちゃ大好きなんだよ」みたいに伝えてあげる方が、グッと真実味が出ます。

彼氏とベッドでイチャイチャした後に彼に感想を伝えるときにも、「あえて理屈抜き」の感想がとても効果的です。
具体的にどこがよかったかを説明するより、一言「なんか、よくわかんないけど超気持ちよかった!」と言った方が全然刺さります。

こうやって伝えることで、良い意味でアレをすることにあまり慣れていないウブ感も出ますし、そもそもアレの気持ちよさとかって完全に理屈より本能的なものですから、こういう理屈抜きの表現が適しています。

終わった後に感想を求められて「なんて言ったらいいのかな......」と迷う女性が多いシーンだと思いますので、ぜひご活用ください。

ということみなさんも、恋愛のときには仕事脳から逃れて、あえて理屈を捨てて【本能的で直感的】な気持ちの伝え方にトライしてみてください。(遣水あかり/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事