2021.10.16

なんか一緒にいる時間が長い?本命か友達かのきわどい境界線ってなに

 
仲のよい男友達だったのに、気づいたら好きに…?
この気持ちが恋愛の「好き」なのか、それとも友達として「好き」なのか分からない!

「本命か友達かのきわどい境界線」は、一体どこにあるのでしょうか。
この記事でチェックしてみてください。
 
 
彼の前ですっぴんを見せることに抵抗がないなら、現時点で男性として意識していないのかも。
待ち合わせに遅刻しそうで支度に時間をかけられないとき、時短メイクで済ませることができる相手なら男友達でしょう。
本命相手なら、少し遅れてでもきちんとメイクして行きますよね?
 
 
男友達から急に「彼女ができた報告」を受けたと想像してください。
心から喜ぶことができるなら二人の関係はあくまでも友達ですが、なんとなくモヤっとするならあなたの中には恋愛感情があるかも。
後悔しないように、自分の気持ちに素直になってみましょう。
 
 
過去の失敗談や思い出すだけで恥ずかしい話は、誰にでも一つはあるものです。
それをネタにできるなら彼はあなたにとって単なる男友達ですが、本当に知られたくないなら本命かもしれませんね。
ただ、すでに二人が「何でも話せるパートナー」として関係を築き始めている可能性も。
彼の出方を伺ってみてもよさそうです。
 
 
一線を越えられるかどうかも、本命か友達かの判断材料になるでしょう。
ただの男友達とは、体の関係を持つこと自体考えられない人が多いのではないでしょうか。
男友達と一緒にいて「もっと近づきたい、触れたい」という感情に気づいたら、恋愛感情が芽生え始めているかも!
その気持ち大切にしてください♡
 
 
男友達との「本命か友達かのきわどい境界線」について解説しました。
これまでの関係性を大切にするか、勇気を出して踏み出すか...迷うところですね!

(ハウコレ編集部)

関連記事