2021.10.20

「え?今までそうしてきたの?」男性が冷めるキスのパターン4つ


せっかくのキスもこれでは台無し!
ここでは、男性が冷めるキスのパターンを4つご紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。
キスするときは完全に受け身の状態になってしまう女性もいますよね。
目を閉じたまま動かずに待つ女性も多いでしょうが、実はこれも男性が冷めるキスのパターンの一つなんです。
女性にも積極性を求める男性にとっては、ガッカリするキス中の態度と言えるでしょう。
ある程度キスに慣れてきたら、受け身になりすぎないよう工夫も必要です。
お互いのキスのタイミングが合わないと、キス中に歯が当たってしまうことは多いです。
歯が頻繁に当たるのも、男性が冷めるキスのパターンの一つ。
最初の頃は仕方ありませんが、何度キスしても歯が当たるようだと、キスが下手だと思われてしまう可能性があります。
実際にぎこちないキスをしているせいで、相手とのタイミングが合わないのかも。
キスのタイミングを合わせるようにして、歯が当たらないようにしましょう。
キスに慣れていない女性や、恥ずかしがり屋の女性に多いのが、唇を閉じてディープキスを阻止することです。
唇が触れる以上のことを拒否する行動なのでしょうが、男性が冷めるキスのパターンなのは言うまでもありません。
頑なにガードされてしまうと、男性自身が拒絶されているようで悲しく感じる可能性も。
本当に嫌なときは、行動で示すより言葉で伝えるようにしてみましょう。
どんなにいい雰囲気の中でも、相手の鼻息や口臭が気になるとキスに集中できませんよね。
実際に男性が冷めるキスのパターンとしても考えられるのが、鼻息や口臭が気になる状況です。
緊張しすぎて鼻息が荒くなってしまったり、キス前の食事が影響して口臭が気になったりすることは女性にもあること。
口臭ケアはもちろん、キス前はできるだけリラックスすることも大切ですよ。

男性が冷めるキスのパターンは参考になりましたか?
自分でも無意識に、男性が冷めるキスをしている可能性も。
パターン化している女性はとくに気をつけたいですね。

(ハウコレ編集部)

関連記事