2021.11.18

こんな別れ方イヤ!【ケンカ後のフォロー】で今後が決まるってホント?

ケンカをした時というのは、どちらも険悪ムードで顔を見るのも辛いぐらいです。
ケンカしたくないと思っていても、些細な言い合いから大きなケンカに発展する可能性もあるのです。

もちろんケンカをすることが全ていけないことではなく、ケンカをすることで互いの気持ちが分かり、ケンカ前よりケンカ後の方が好きになったというケースもあるのです。

なによりもケンカ別れをしないために、今回はケンカ後のフォロー方法について解説します。
ケンカ後はなるべく早く解決するのが一番であり、時と共に解決すると考えていてはダメです。

できるかぎりごめんなさいと早く謝ることが大事なのです。
自分は悪くないと意地をはっていては、逆効果であり良いことはおきないのです。

素直になることがケンカ後は互いに大事なのですが、どうしても男性側は謝罪することを拒むケースが多いです。

素直に謝るという純粋な気持ちを忘れてはいけないです。
自分自身の何が悪かったのか?ケンカ後はきちんと自分が悪かったことを見つめ直し、相手に伝えなければならないのです。

私は悪くない、悪いのは彼だと決めつけるのではなく自分の悪い点を見つけるべきです。
もしどうしても謝る点がなかった場合は、素直に彼にどう思うか聞くことも大事な要素です。
ごめんなさいの言葉を直接伝えたいと思っても、互いに忙しいと後回しにしてしまい会うことが出来ず、時ばかりが過ぎてしまうのです。

連絡を取らないでいる時間が多ければ多いほど、ケンカが拗れて解決するまでに時間がかかります。

どんな連絡手段でも構わないので、素直に伝えることが今後を左右します。
相手に気持ちを伝えることは、とても大事なことです。
ケンカをしている状態が嫌だからと、闇雲に謝ってしまっても同じことを繰り返すだけでうまくいかないのです。

大事なのは、きちんと自分の気持ちを伝えることであり、相手の気持ちも理解することなのです。
ケンカをしてしまったというだけで、その日の気分は落ち込んでしまったりと気持ちが辛いものです。
ケンカは引きずらないのが一番であり、どんなケンカも両成敗なのです。

ケンカを長引かせると、たとえ些細なことであっても修復することができなくなりますし、それなら非を認めた方が良いです。

互いに何かしらの原因はあるはずなのです。
些細な事が原因で大切な人を失いたくないはずです。
ケンカはごめんなさいと謝罪した方が勝ちなのです。

(ハウコレ編集部)

関連記事