2021.10.20

「もう付き合ってられないな…」男が別れを決断する瞬間

「彼と別れることはない」と過信していませんか?
これからご覧いただくのは、男性が別れを決断する瞬間。

いくら気が弱い彼でも優しい彼でも、このような瞬間には別れを決断します。
彼女と長く付き合っていると、男性も好きな気持ちが落ち着いてくるもの。
そこで彼女以上に好きな女性ができた男性は、別れを決断します。

最近彼となかなか会えなくなっていたり、連絡が取れなかったりすることはありませんか?
もしそうした変化が見られるなら、彼は他の女性に夢中かもしれませんよ。
彼女に不満があっても、好きな気持ちが大きいのであれば男性も別れません。
ただ、不満を何度伝えても彼女が改善してくれない場合は、しびれを切らして別れます。

彼から「言葉遣いを直して」などと言われていませんか?
もし何度も言われているとしたら、すぐさま改善すべき。

なかなか直してくれないあなたを見た彼は、「もういいや」と愛想を尽かすでしょう。
たとえば彼女から「仕事の飲み会に行かないで」「残業しないで」と言われた男性は、少なからず仕事に支障が出るはずです。

「付き合いが悪いな」「自分の仕事は責任もってしろ」などと上司に言われ、肩身の狭い思いもするでしょう。

そのようなときも、男性は彼女との別れを決断します。

「このまま付き合っていたら仕事にならない」と、生活をする上で必要な仕事を選ぶのです。
男性には鈍感な人が多いもの。
自分の気持ちに気づかない人も少なくないでしょう。

なので、気持ちが冷めても自身でなかなか気づけません。

ただ「会いたい」と思えなくなったときは、男性も「好きじゃなくなったんだな」と自覚します。

そしてそれをきっかけに、別れを決断するのです。

ですから「会いたい」と言われなくなったり、デートの頻度が減ったりしてきているなら、注意した方がよいかもしれませんね。


このような瞬間に別れを決断する男性。
「私たちは大丈夫」と過信せず、別れの兆候が見られるなら気をつけるべきです。

(ハウコレ編集部)

関連記事