2021.10.23

「キープだからこそだよ?」男性がセカンド女にする【神行動】

あなたが脈ありだと感じた行動が、相手にとってはただの「セカンド」扱い...
そんな悲しい展開にならないためにも、早めに見極めたいですよね。
今回は、男性が「セカンド女子にする神行動」を4つご紹介します。
気になる彼からの返信が早く「これって脈あり!?」と見せかけて実は真逆パターンも。
LINEやDMの返信はスピードより内容に注目しましょう。
スタンプのみや『うん』『了解』の一言は、何も考えないから即レスできてしまいます。
簡単すぎる返信はセカンド女子に「時間をかけたくないだけ」の場合が多いのです。
大好きな彼から『二人だけで会いたい』と言われたら嬉しくなってしまうもの。
しかし、友人にも紹介されない・あなたの友人に会う機会がないのは「誰にも知られたくない関係だから」かもしれません。
セカンド女子を周囲とつなげるのはリスクが高いと考え、こっそり会うために『二人だけ』と言うのです…
好きな人から『いつか結婚したいね』なんて言われたら期待してしまいますよね。
結婚のワードはインパクトが強く、真剣な付き合いだと思い込むのも当然!
そして「仕事が落ち着いたらプロポーズされるのかな?」と待ち続けること数年...これはセカンド女子のあるあるです。
『いつか』の曖昧さや、不自然な点がないかを冷静に見極めてくださいね。
お酒を飲んだ帰りに『今から行ってもいい?』と連絡が来るのは、セカンド女子への扱い。
「終電がなくなった」「急に会いたくなった」他にも何かしらの理由をつけて家に行こうとするでしょう。
どんな内容であれその男性の目的はただ1つ、あなたの体です。


今回は、男性が「セカンド女子にする神行動」を4つご紹介しました。
実は雑に扱われていたり言葉が曖昧だったり、いい加減な対応をされているはず。
セカンド女子を卒業し、次に進むのが幸せへの近道です。

関連記事