2021.10.27

「仲良くなれないかも」育ち悪い認定されてしまう女性の特徴

彼氏に「この子、育ちが悪いな」と思われると、一緒にいるのはつらいもの。
育ちの悪さは家庭環境にも左右されますが、自分で直すことも不可能ではありません。

そこで今回は、育ちが悪いと認定されてしまう女性の特徴について解説します。
他人を見下すような態度を取る「上から目線」の女性は、男性には付き合いにくい存在といえます。
自分自身も彼女から格下だと見られるのではないかと不安になるからです。

そんな女性は、親も他人に対して横柄な態度を取る人ではないかと思われるかも。
上から目線な態度を改めなければ、家庭環境まで嫌なイメージを与えます。
誰とでもすぐ親しくなれる性格とはいっても、いきなりタメ口では台無しです。
とくに初対面や目上の人に対して、友達感覚で話していると常識がない人だと思われます。

知らない人なら、たとえ年下でも敬語で話すことが大切です。
敬語が使えない女性は、育ちが悪いイメージを持たれるでしょう。
人の話に耳を傾けずに自分の言いたいことばかりを話す人は、協調性がないと思われます。
他人の中で気遣いができない女性だと取られることから、自己中心的な印象を与えるでしょう。

つい自分の殻に閉じこもることも多く、それが家庭での育ちが悪かったことにつながります。
人の話をよく聞く女性は、家庭環境も明るかったイメージがあるということです。
人目を気にせずどこででもタバコを吸っていると、周囲から嫌な目で見られることもあるでしょう。
周りに平気で迷惑をかけている行動が、育ちの悪さを表しているからです。

デート中にも、彼にひとこと「吸ってもいい?」と聞くことが大切。
タバコを吸っていても、些細な心配りができると育ちがよいと思ってもらえます。


人に偉そうな態度を取ったり気配りができない女性は、育ちが悪いと認定されがち。

会話中には、言葉遣いに気をつけて人の話を聞く姿勢を持つことが大切です。
また、ちょっとしたマナーを守ることも育ちのよさにつながります。

今回の内容を参考に、育ちのよい女性を目指しましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事