2021.11.26

実は困る?【彼女への愛が重すぎる彼氏】と一緒にいるデメリットは?

彼女のことが好きすぎる彼氏と一緒にいることって女性としての幸せにも感じますよね。浮気や放置などのいらない心配はしなくていいため、精神的にも安定することが多いでしょう。

しかし、あまりにも彼女好きすぎな彼氏と一緒にいると窮屈さを感じることもあるはずです。そこで今回は、彼女好きすぎる彼氏と一緒にいることで生じるデメリットについて紹介しますね。
彼女好きすぎ彼氏と付き合っていると、ずっと一緒に過ごすことが多くなり、気付いたら彼氏以外の人と会っていないなんてこともあるでしょう。友達と過ごしていない、家族と過ごしていないなんてことが普通になってきます。

その結果、人間関係がとても狭くなって自分の世界も狭くなってしまいます。彼氏と結婚するとなったときに、結婚式に呼ぶ友達がいない、なんてことにもなりやすいですよ。
彼女好きすぎる彼氏と一緒にいたら、自然と喧嘩が増えることもあります。一緒にいる時間も長いですし、不満もたまりやすくなるでしょう。

喧嘩ばかりしていると「もう別れたほうがいいのでは?」という考えまで出てきてしまい、長続きしなくなることもあるでしょう。好きだからこそ許せない部分なども一緒にい過ぎたら見えてくるので危険ですね。
彼女好きすぎ彼氏と一緒にいて楽しいのって実は最初の数か月だけということもあります。いつも彼氏と一緒だし、愛情表現もすごいしで、新鮮さが徐々になくなっていき、気付いたら楽しくないと感じることもあるでしょう。

彼女好きすぎ彼氏と一緒だと、安心しすぎて自分も頑張らなくなってしまうことがありますね。それもマンネリを招く結果になるのですよ。
彼女好きすぎ彼氏の気持ちは最初こそ嬉しいと思うものです。しかし、月日が経過するにつれて、だんだんと重くなってくるでしょう。重すぎて一緒にいるのが辛くなってくることもありますよ。

自分も好きだと思っていたはずの相手を、愛情が重すぎることが原因で嫌になるのも悲しいですよね。
彼氏に好きでいてもらうことはとても嬉しいことです。しかし、好かれすぎることで困ることもあるでしょう。彼氏と話し合えることは話しあっていい付き合いができるとより幸せになれますね。(みいな/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事