2021.11.26

束縛されたくない!口にはださないけど彼が【行動に表す】ものって?

彼のことが大好きすぎて、どこにもいって欲しくない!そんな独占力からついつい束縛をしてしまうのが女心というものです。
大好きな感情というのは、なかなか自分自身抑えることができないのです。

しかし、束縛はいきすぎると相手にとって負担としかならずつらいものとなってしまいます。
今回は気になる束縛による彼の行動についてお伝えします。
言葉にしていうことがなくても、束縛をされすぎることによって無意識にでてしまうのがため息です。
ため息というのは、つくつもりがなくても出てしまうものであり、傾向として女性が束縛を告げた瞬間に出ています。

ため息は、男性からしたらもうやめてほしいという気持ちの表れでありこの気持ちが理解できるかどうかは、彼にとって今後に繋がるようです。
機嫌が悪くなるというのは、嫌なことがあったという現れです。
束縛をされるということは、自分自身の行動に制限をかけられるということであり、いきすぎた束縛は今後の付き合いを考えるほどです。

不機嫌になるのであれば、彼からのやめてほしいという表れです。
喧嘩になる前に相手の気持ちを察して行動することが重要といえます。
束縛をされると分かると、彼女との距離をおいて回避しようと考えます。
理由としては、彼が口で抵抗しても女性の口にはかなわらないからです。
会わなければ問題はないという男性の考え方であり、ここまできてしまえば決してよい結果はうみません。

そうなる前に彼の気持ちを察して行動すること、そして束縛をされる側にまわってみると彼の気持ちが理解できるはずです。
話をしても束縛ばかり、そんな相手に対して連絡をとろうと思いません。
女性側が連絡をとっても、ほとんど返事はなく終いには女性が怒って喧嘩となる結果が見えています。
もし、彼からの連絡がほしいと思うなら今まで彼にしてきた負担を考えてあげることです。

適度な束縛なら問題ありませんが、いきすぎた束縛は嫌がられて当然であり、相手を信用していないから束縛をするのだと思われてしまいます。
冷静に一度自分の思いを伝えることが解決策です。
大好きとはいえ、いきすぎた束縛は彼が離れていく原因につながりかねないものです。
相手を思うのであれば、束縛によるがんじがらめではなく、愛情を感じる優しい言葉にきりかえてみてください。

すると不思議と彼は態度が変わりますし、お付き合いも順調に進むはずです。
(ハウコレ編集部)

関連記事