2021.12.02

【LINEの送信】はいつがいい?彼が喜ぶのはこのタイミングだ!

同じようにLINEを送っても「今忙しいから迷惑なんだけど!」と思われることもあれば「今ちょうどLINEしたいと思ってたんだ!」と喜ばれることもあるでしょう。

溺愛される彼女になるためには、やはり絶妙なタイミングでLINEを送り、彼を喜ばせることも重要です。では、どんなタイミングなら男性はLINEを喜ぶ可能性が高いのでしょうか。ジャストなタイミングで彼にLINEをするためにもチェックしておきましょう。
仕事が終わった時は、やはり開放感があるからこそ癒しがほしくなるタイミングです。そんな時に彼に「お疲れさま!」とLINEをしてあげると良いでしょう。

ただし、いきなり長文を送ると仕事後の彼も疲れてしまいます。仕事後のLINEは基本的に簡単に読めるものにして、話したいことがある時はその後でLINEのラリーが始まってから伝えるようにしましょう。
朝起きた時、忙しくてなかなかスマホを見る余裕がないという人もいますが、それでもロック画面に彼女から「おはよー!」という元気なLINEが来ていたら、忙しい一日を乗り切る元気も生まれるものでしょう。

朝起きた時、彼が読めるようにLINEを送っておくのもおすすめです。自分も忙しい場合は、スタンプなどでも良いので送ってみてはいかがでしょうか。
寝る前に誰とも挨拶をせず、そのまま布団に入るのは一人暮らしだと少し寂しくなる瞬間ですよね。そんな時、彼女から「そろそろ寝るよね?おやすみ~」というLINEが来ると、その寂しさも緩和されます。

彼が寝る時刻に起きていたら、LINEを送ってみるのも良いのではないでしょうか。その時「明日も頑張ろうね」のように送れば、彼も穏やかな気持ちでぐっすり眠ることができるかもしれません。
カップルのLINEというと長時間のやりとりを想像する人も多いですが、実際はたまにLINEをするだけというカップルも少なくはありません。

そんな短時間のLINEでも彼を癒せてこそ、溺愛される彼女だと言えるでしょう。肝心な部分でコミュニケーションをとり、彼からいつまでも溺愛される彼女でいましょう。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事