2021.11.27

納得がいかない!【喧嘩後】にあやまってもらう方法って?

喧嘩後に謝るのはいつも私ばかり!今回ばかりは謝ってほしい!と思う女性の皆さん!
気持ちはすごく、痛いほどわかります。
男性の気持ちは複雑で、悪いと思っていてもごめんなさいを伝えられる人が少ないのです。

今回は、そんな彼からあやまってもらえる方法をお伝えします。
ここが悪かったと告げないことには、謝らない人というのはなにが悪かったか正直気付いていません。
しかし、言いすぎるとまた大きな喧嘩に発展する可能性があるためかなりの注意が必要となります。

まず、彼と喧嘩した時にこれがいけないと思うと告げます。
しかし、やはり喧嘩は両成敗ですから自分がいけなかったところはないか自覚してください。
ここを改善してほしいと具体的につげることによって、彼がなおしやすくします。
すると、明確になった改善点にむかって直すだけなので彼にとってもどうすればよいのだろうという迷いが消えるのです。

不安要素や彼にとっても納得がいかない部分は存在すると思いますがきちんと告げるとそうなんだと彼も理解してくれるはずです。
ついついやりがちなのが、雰囲気に勝てずに自ら謝ってしまう行為です。
特にこちらが悪いことが見当たらなかったのに対して、指摘したことで相手が逆ギレしてしまい雰囲気に負けてしまいます。

ここで謝ったらなんの改善にもなりませんし、きちんとした対応をするべき点の一つであることがわかります。
謝らない男性の側にいる女性はこのように雰囲気に耐えられない人が多いのです。
悪くなければ謝る必要はありません。
この雰囲気嫌だなぁと感じることは覚悟ですし、喧嘩が長引くことも確実です。
ここで、自分がどうしたいのかを考えてください。
人によっては、この雰囲気が嫌だから謝ってしまったらまた楽しく過ごせると考えますし、絶対に謝りたくない!とかたくなに頑張る人もいます。

どちらも決して間違いではありませんし、自分自身の価値観で判断して構いません。
たしかにずっと嫌な雰囲気で過ごすのは辛いですし、彼にあやまってもらうという目標からは離れますが今が良ければそれで良いと考える人が多いです。
男性にとって幼い頃にごめんなさいが言えたものの、大きく成長した後にはなかなかごめんなさいを告げることができないものです。
一度、相手とよく話をすることそしてきちんと気持ちを告げることでうまくお付き合いをすることができるはずです。

(ハウコレ編集部)

関連記事