2021.11.29

「話聞いてよ!」聞く耳を持たない彼に話を聞いてもらう方法

一生懸命彼に話をしているのに、彼が全く聞く耳をもってくれずトラブルになってしまっては、せっかくのコミュニケーションが台なしです。

話をしたくても相手が聞いていなければ、言葉のキャッチボールができないからです。
そんな彼に対して、どうすれば話を聞いてもらえるのか解説します。
聞いて!と彼に声をかけることによって、彼女側に注目させます。彼にいきなり話しかけても聞いていないというトラブルになりかねないからです。

結果、喧嘩になることも少なくないですし、そうならないためにも彼が話を聞く準備ができてから話しかけることが大事なようです。
相手のことをよく理解できないとやはりうまく付き合いはできないからです。
彼に話しかけるタイミングも重要です。
自分の話を聞いて欲しいという想いのほうが大きいため、彼が何をしているか理解しないままに話をしてしまうことが多いからです。

聞いて欲しいなぁと思う気持ちがあるのであれば、まずは彼の気持ちを理解してきちんと彼の状況をみて発言することが大事なのです。
彼に話をするのにあたってわざわざ許可をとるのはおかしいのでは?と考える人もいるかもしれませんが、今いい?と一声かけることによって結果彼も話を聞く体制へと変わります。

彼が何かしていて忙しいと感じるときに声をかけても、結果として聞く体勢になっていなければ話を聞こうとは考えられないからです。あくまで彼のことを優先に、自分のことを後回しにして考えることは大事なのです。
彼の様子を伺うというのは、たとえば疲れたなぁと思っていたりイライラしていたりと、機嫌によって聞く耳をもてないことがあるのです。

彼の様子をみながら、今なら話を聞いてくれるかな?と考え、声をかけることをオススメします。
話を聞くつもりがないという人はいません。
ただタイミングが合わなかったり、話を聞く体勢ではなかったことが原因としてあげられます。

(ハウコレ編集部)

関連記事