2021.12.06

次の恋を探そう...残念ながら【失恋確定】な脈ナシLINEの特徴って?

全ての恋が叶えば良いことですが、残念ながらそんな状況はありませんよね。両想いになって幸せな人もいれば、片想いの人に冷たくされて不幸のどん底だと思ってしまう人もいます。

片想いの人に脈ナシアピールをされるとその時は辛いものですが、数年経つと「あの時、すぐに次の恋を探してたから今の幸せがある!」と思えることもあります。では、どんな脈ナシアピールなら、すぐに次の恋を探す方が良いのでしょうか。今回のコラムでは、脈ナシアピールの中でも特に、LINEを使った脈ナシアピールの代表的な事例を紹介していきます。
好きな男性とのLINEの話題が他の女性の話ばかりなら、脈ナシだと覚悟した方が良いでしょう。好きな人に対して妬かせるためにたまに他の異性の話をする人はいますが、誤解されるほどの頻度で他の異性の話をする人はいません。

そのため、何度も他の異性の話をされるのであれば、遠回しに脈ナシアピールをされていることを察して、潔く身を引いた方が良いでしょう。
LINEとはいえ勇気を出して誘ったデート、断られることもありますよね。その断り文句が「その日は都合が悪い」などなら、まだ希望があるかもしれません。ですが「〇〇さんと二人は無理」のようにハッキリ断られてしまう場合は、脈ナシだと言うしかないでしょう。

あらかじめ誘う前から「グループで行きたい」などのように予防線を張られる場合も脈ナシの可能性大です。
彼と定期的にLINEができると脈アリだと感じたくなりますが、LINEの内容に注目してください。もし業務連絡のようなLINEなら、脈アリや脈ナシなどの判断には不適当です。脈アリかどうか気になるなら、LINEの終わりの方に雑談LINEに移行しようとしてみましょう。

もしも用が済んだ後の雑談LINEは全てスルーされてしまうのであれば、相手から距離を置かれているので脈ナシだと認めなければなりません。
失恋確定の脈ナシLINEが何度も来るなら、もう次の恋を探す方が良いでしょう。そのまま次の人を探すか告白してスッキリするかは自分次第ですが、できるだけ早く気持ちを切り替えるようにしましょうね。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事