2021.12.09

本命なのにどうして?男性が【告白に踏み切れない】4つの理由って?

本命であるのに、一応キープの状態を続けてしまうの男性が多いようですが、それは一体なぜなのでしょうか。好きであれば積極的にアタックしてほしいと思うのが女性です。

男性からの好意を知りながらも、それを口にしないことに段々とイライラしてきてしまうかもしれません。男性はなぜ本命女性への告白に踏み切れないのでしょうか、その真相を探っていきましょう。
「好き」という気持ちに間違いはなくても、その女性に対する「信頼」の部分が足りていないのかもしれません。

他人を信頼するのにはとても時間が掛かります。告白するということは恋人になるということです。「この人と恋人になってもいい」という気持ちには必ずしも信頼する気持ちも含まれています。

その信頼の部分が足りていなければ、告白には至らないでしょう。
好意はあるもののその女性の男性関係に不安がある場合、やはり一歩を踏み出すのをためらってしまうでしょう。

誰しも傷つくのは怖いものです。そういった不安要素がある以上男性が告白してくることはないでしょう。
今は恋愛よりも他に興味のあることがあるのかもしれません。「好き」という気持ちはあってもそれが必ずしも「付き合いたい」に繋がるわけではありません。

女性からしてみればキープされていると思ってしまいますが、男性としては恋愛をはじめる気がないようです。
本命の女性がいても仕事が忙しいと、彼女と過ごす時間が取れずに寂しい思いをさせてしまうかもしれないと思う男性もいるようです。彼女に寂しい思いをさせるくらいなら告白しない方がいいと考えてしまうのです。

女性のことを大切に考えているからこそ、仕事が落ち着くまではキープという状態にしているのかもしれません。
男性は様々な理由から告白に踏み切れないということがわかりましたね。それでも男性に一歩踏み出してほしいと思うのなら、男性が思う不安要素を一つでも多く解消してあげることです。
そうすればキープの状態から抜け出すことができるかもしれませんよ。

(ハウコレ編集部)

関連記事