2021.12.02

隠し事はやめておくべき!嘘が簡単に【バレてしまう】理由って?

隠し事はいけないとわかっていながらも、バレたくないと感じるものは存在します。
相手のことを思っていながらも、隠してしまった出来事がバレたら収集ができないのです。

今回は、なぜ隠し事がバレてしまうのか解説します。
嘘をつく時は、無意識にバレてはいけないと行動してしまうものです。相手が自分のことを良く理解してくれる人であれば、こんな特徴はすぐにお見通しなのです。
この特徴は、嘘をつくというだけで毎回でてきてしまうその人の癖なのです。

特徴的な行動に見ている側は嘘なのだと見抜けてしまい、当の本人だけが嘘を突き通せていると勘違いしてしまうようです。
嘘の特徴としてあげられるのが、行動です。行動は、隠すために口元に手が触れたり貧乏ゆすりをしたり、すべて無意識にしてしまうものです。

意外とわかりやすい行動が多く、相手に嘘をついた時の特徴を伝えない限り直る事がない癖です。嘘をつく時は顔を手で触れやすい傾向があり、普段しない行動であれば尚チェックが必要です。
普段とは違う言葉も嘘をついている特徴の一つです。
たとえば、あまり会話をしない彼が今日はあまりに話すといった場合や事細かく聞いてもいないのに話し出すというのは、相手に誤魔化そうと考えている意識が大きいことの表れです。

なんともわかりやすい嘘の言動ですが、本人がわからないというのは不思議なものですね。
嘘が顔に出やすいという人も多くいます。言葉や行動に気をつけた結果、目が泳いだりあるいは赤面したりと隠し切れていない部分が存在するのです。

自分自身が嘘の癖を理解していても、顔の表情までは直すことができないのでわかりやすいです。
嘘はつかない方がもちろん良いですし、嘘がバレた時の方が後に問題が起きてしまいます。

だからこそ、嘘をついてますと自分で伝えているも同然の癖があるのですから、極力素直に嘘をつかずにいる事をオススメします。

(ハウコレ編集部)

関連記事