2021.11.09

初心に戻るため。他アプリからミクチャに移行したライバー

ニックネーム:なかやん
生年月日:1997年11月9日
ミクチャ歴:2ヶ月
ミクチャを始めたきっかけ:ランウェイ系のモデルイベントが充実していたから
Instagram:@nakaya_ayaka_78
ミクチャ:なかやん

ライバー歴4年のなかやんさんですが、ミクチャでのライバー歴はまだ2ヶ月(インタビュー時)です。夢を叶えるため、可能性を広げるためにライバーとして活動する場を変えたなかやんさんに、さまざまなライブ配信アプリを経験しているからこそのお話をたくさん聞きました。
 


\ミクチャに興味がある方はこちら/
ミクチャLINEを追加すると
担当者がミクチャの説明や
ライブ配信の疑問にお答えします!

✨あなたもミクチャ公認ライバーになろう✨

 
――なかやんさんは、別の配信アプリでもライバー活動をしていたそうですが、今回ミクチャでライブ配信をはじめたきっかけを教えてください。
 
もともとアナウンサー志望だったので、ライブ配信をしながらリポーター系のオーディションに挑戦するということを続けてきました。その中で、同じ配信アプリで4年続けてきたけど、もっと可能性を広げたいという思いが大きくなったので、ミクチャでのライブ配信もスタートしたんです。
 
――数あるライブ配信アプリの中から、ミクチャを選んだ理由はなんですか?
 
リスナーとしては、3年前からミクチャを使っていました。ある時、雑誌モデルになれるイベントを見つけて、自分のやりたいことへの挑戦にもなる気がしてすごく惹かれたんです。いろんな配信アプリを見てきましたが、こんなにモデル系のイベントが多いアプリは他にないと思います。
 
――ミクチャで、ライバーとして活動をはじめた中で一番嬉しかったことはなんですか?             
ライブ配信を見に来てくれた初見さんの中に、「ミスコンの頃から知ってます!」と、私の今までの活動を知っていてくださる方がたくさんいたことです。
長く続けていたアプリでは、ベテランという感じになっていて、初見さんとなかなか出会えないしコメントもつきにくくなっていたんです。だから、ミクチャをはじめるときは、敢えて誰にも告知をせず、本当に初見さんに見に来てもらうという経験を久々に味わうことができました。初心に戻ることができたのも新鮮で嬉しかったです。
 
――ミクチャでは、どんな内容のライブ配信をしていますか?
 
その日にあったことを話す雑談系が多いです。ミクチャは、もともと、動画投稿アプリだったから他のアプリと比べてるとリスナーさんの平均年齢が若いような気がしています。ライブ配信では、リスナーさんたちに楽しんでもらえたり、笑ってもらえるにはどうしたらいいだろうと考えて、食品サンプル作りをしたり、アイロンビーズや激辛グルメを食べる企画配信も時々やっています。
 
――他のアプリでのライバー経験もあるからこそ感じる、ミクチャの特徴ってどんなところですか?
 
他のアプリでは、短い時間を何回も配信するイメージなんですが、ミクチャは長時間配信ができるのがすごく特徴的だなと思います。その分、中身の濃い配信ができるので、食品サンプルを作るなど、企画配信で冒険ができます(笑)。
あと、「ナイス―!」という掛け声に最近ようやく慣れてきました。配信アプリごとに「ファンポチ」とか「roomフォロー」というオリジナルの言い方があるんですが、最初は間違えすぎて、リスナーさんから何度もツッコまれました。でも、それをきっかけに会話がうまれたりしたので結果オーライですね!
 
――なかやんさんのライブ配信の平均時間はどのくらいですか?
 
イベントに参加しているときは、毎日、2~3時間はライブ配信しています。イベントがないときは、物品がもらえるイベントにエントリーして、1時間半くらい配信をしています。ボックス祭りという、アイテムを投げると他の人にもフリーコインがプレゼントされるものがあるんですけど、そのときに告知ができたりするので、リピーターさんも増えていて楽しいです。


 
――ミクチャでライバーをはじめたことで、なかやんさんにどんな変化がありましたか?   
          
個人でのモデルの仕事がすごく増えました。私のライブ配信を初めて見てくれる方に自己紹介する機会も増えたので、自己紹介や自己PRが上手になりました。ボックスをたくさん投げてもらったら、毎回違う自己紹介をするようにしています。そのおかげで、オーディションのときの自己PRがすごく得意になった気がします。
 
――ミクチャの魅力ってどんなところだと思いますか?
 
これまでのファッションイベントの動画を見ることができるのはすごいなと思います。これは、他のアプリではない機能なので感動しました。神戸コレクションのイベントに参加したのですが、前回のステージを見ることができて、イベント中のモチベーション維持になりました。
あと、ボックスがすごくおもしろいですよね。ボックス祭りをやっていたときに、ボックス目当てで来てくださった方がリスナーさんになってくれたりして、全体的にすごくアットホームだなと感じます。
 
――なかやんさんにとって、「ライブ配信」とは?
 
リビングみたいなくつろげる空間です。リスナーさんとその日にあったお話をしたり、イベントの作戦会議をしたり、イベント終わりには乾杯したり、家のリビングみたいな場所ですね。コロナ禍で、リアルなイベントが開催できないからこそ、こうやってみんなで集まって、同じ時間を共有できるのってすごく素敵ですよね。
 
 
――なかやんさんの、将来の夢はなんですか?
 
ライバーをはじめたことで、自分だけの力ではなかなか掴むことができないチャンスを掴むことができました。自分の可能性が広がったと感じる部分もあるし、叶った夢もあります。今は、もっと影響力のある存在になりたいと思っていて、Instagram、TikTok、のフォロワー数の目標を10万人にしています。
また、ライブ配信を通して私を知って応援してくださる方は私にとって特別な存在なので、コロナ禍が落ち着いたら、ファンの方と楽しめるイベントを開きたいです。
ライバー以外で言うと、いつか自分のアパレルブランドを作りたいと思っています。


 
――これからライバーを目指す人たちへ、なかやんさんからメッセージを送るとしたら?
 
最初の1歩は勇気が要りますよね。私もそうでした。ライバーを続けてきて、3年ほどたったころからイベントで勝てるようになりました。神戸コレクションステージ出演やNON-NO専属読者モデルになるなど、ライブ配信を始める前には考えられないようなステージに立てるようになりました。最初から結果を出すことは難しいかもしれませんが、まずは一度やってみてほしいです。そして、最初は反応が少なくても継続することが大事だなと思います。
私は、ライバーとして実績を作ってきたことで、なかなか一人では掴めなかった仕事などにも出られるようになりました。迷う気持ちがあるなら、まずは挑戦してみたほうがいいと思います。
 
――最後に、これからどんなライバーとして活動していきたいですか?
 
 SNSを見て、「いいね」を押すだけの感覚ではなく、人柄を見て応援したくなるようなライバーを目指したいです。リスナーさんとは、ライバーとリスナーとしての繋がりだけではなく、家族みたいな存在になっているので、そういう関係も大切にしていきたいです。

 
 
ミクチャ以外のライブ配信アプリでのライバーも経験しているからこそわかるミクチャの魅力についてたくさんお話いただきました。ライバーの活動は、夢を叶えるための近道というなかやんさん。今後、さらにミクチャで活躍することを応援しています。



\ミクチャに興味がある方はこちら/
ミクチャLINEを追加すると
担当者がミクチャの説明や
ライブ配信の疑問にお答えします!

✨あなたもミクチャ公認ライバーになろう✨


\ アプリインストールはこちら/


関連記事はコチラ▼▼

関連キーワード

関連記事