2021.11.09

パリコレモデルを目指す中学1年生ライバー

ニックネーム:花子・花子ちゃん
生年月日:2008年7月10日
ミクチャ歴:4ヶ月
趣味:ドラマを見たり、運動したり楽しいことが好き
ミクチャ:花子

 
芸能事務所に所属してモデルを目指している花子さんは、北海道に住む中学1年生。すでに、将来の夢に向かってしっかり歩みを進めている花子さんが、中学1年生の夏からライバーとしての活動をはじめた理由はなんなのでしょうか。また、普段の配信内容についても聞きました。



\ミクチャに興味がある方はこちら/
ミクチャLINEを追加すると
担当者がミクチャの説明や
ライブ配信の疑問にお答えします!

✨あなたもミクチャ公認ライバーになろう✨

 
――中学1年の夏からライバーとしての活動をしていますが、ライブ配信をはじめたきっかけをおしえてください。
 
「有名になるためには何をしたらいいんだろう?」と考えていたときに、所属している事務所の方からミクチャのライブ配信の話を聞いて、「それだ!」と思ったんです。モデルとして活躍するために、どんなライブ配信をしたらいいか、どんな風に結果を出せるのかを考えたら、私の夢を達成するためにライブ配信は必要だと思いました。
 
――すごいですね。花子さんは中学生ですが、学校とライブ配信の両立をどのようにしていますか?
 
夏休みに入るタイミングでライブ配信をはじめました。学校が休みなので、朝の10時から夕方の5時くらいまでの長時間配信に挑戦したり、長時間配信ができないときは、いろんな時間にライブ配信をしてみたり実験的にいろいろやってみました。朝のライブ配信は新規さんがたくさん来てくれるという発見をしたので、休日は朝にライブ配信をするようにしました。夏休みが終わってからは、学校から帰ってきて、勉強と夕飯を終えた19時から21時までをライブ配信に充てています。
 
――配信時間もいろいろ研究されたんですね。普段、ミクチャではいつもどんな内容のライブ配信をしていますか?
 
おしゃべり配信です。最近、北海道はすごく寒くなってきたので、「雪が降りそうだよ」とか、普段の生活のことをお話していることが多いです。たまに、ネタを作ってリスナーさんたちに楽しんでもらったりすることもあります。最近は、美少女図鑑の原石プロジェクトというイベントに参加しているので、石にかけて誕生石を紹介する企画をしました。変わったことだと、仲良しのライバーさんとコラボして、お互いにお絵かきをしあうという企画系ライブ配信をしたこともあります。
 
――花子さんのライブ配信を見に来てくれるリスナーさんや、ファンの方はどんな方が多いですか?
 
おもしろくて優しい方が多いです。ライブ配信をすると、みなさんいっぱいお話してくれるんです。ライブ配信は、ファンの方とコメントでお話ができるので、応援していただいていることを実感できるのが嬉しいです。イベントでもたくさん応援してもらって特別賞をいただきました。

 
――ミクチャでライブ配信をはじめて、一番嬉しかったことはなんですか?
              
やっぱり、ファンの方とお話ができるのはすごく嬉しいです。イベントに入賞すると、みなさんがいつも応援してくださっていることを実感します。本当にたくさんの方から応援してもらっているんだなと、日々感謝しています。
 
――ライバーとして活動するようになって、何かご自身の変化を感じることはありますか?
 
ライバーになったことで、いろんな方と知り合える機会が増えました。自分自身のことで言うと、寝る時間が遅くなっちゃうことがあります(笑)。でも、土日は朝から配信をしているので休みの日に寝坊しなくなりました。
 
――ライバーとして活動をしてみて、ミクチャの魅力ってどんなところだと思いますか?
              
ただLIVE配信をするだけのアプリではなくて、たくさんのイベントがあって、その中から自分の目標に合わせたイベントに参加することができるところだと思います。目標がある人からしたら、こんなに自分をアピールできる場所って他にないですよね。繋がった人たちと楽しく情報交換をすることができています。私にとってミクチャは、情報の宝箱みたいです。
 
――あなたにとっての「ライブ配信」とは?
 
自分をアピールできる場所です。たくさんの人に私のことを知ってもらいたくて、ライブ配信をしています。イベントで1位や特別賞をいただいたりすると、自分をしっかりアピールできていると感じることができます。
 
――ライバーの友達はいますか?
              
ミクチャの配信を通じて仲良くなった方が、20~30人位います。友達というよりは、家族のような存在で、いろんなことを教えてもらっています。


 
 
 
――花子さんの将来の夢を教えてください。
 
ファッションモデルとして活躍したいと思っています。いつか、パリコレに出たいんです。雑誌やファッションショー、いろんなことに挑戦していきたいです。中学校を卒業したら東京に行きたいと思っています。テレビのお仕事もできたらいいなと思っているので、それまではライブ配信やSNSを通じて、たくさんの人に知ってもらいたいと思っています。
 
――これまでのライバー生活の中で、"これは、ライブ配信ならでは"という経験があれば教えてください。         
 
ライブ配信をはじめて、まだ何もわからないときに、今のマネージャーの「激甘」さんと出会いました。はじめた頃から、2日に1回はライブ配信を見に来てくれるので、「マネージャーさんになっていただけないですか?」とお願いして、受けていただきました。いつも、ライブ配信をコメントで盛り上げてくれたり、いろんなことを教えてくれるんです。ライブ配信という場だからこその繋がりだと思うし、私はこういうご縁をこれからも大切にしていきたいと思っています。
 
――ライブ配信を続けていく中で、スキルアップしたと感じる部分はどこですか?
 
コミュニケーション力は確実にアップしました。ライブ配信中も、以前より自然な笑顔が出せるようになってきたし、リスナーさんに自分から話しかけられるようになりました。
 
――これから、花子さんのようなライバーを目指す人たちへメッセージをお願いします。
 
最初は、見てくれる人がいるか不安になったりすると思いますが、ライブ配信を続けていたら必ず応援してくれる方が現れます。応援してくださる方を信頼して、ライブ配信を続けていくと、ライバーとしての楽しみを感じられるようになります。挑戦したほうが人生、ぜったいに得します! なので、やりたい気持ちがあったらやってみたほうが良いと思います。
 
――花子さんは、これからどんなライバーになっていきたいですか?
 
嬉しい企画や楽しい企画、いろんな企画でリスナーさんたちを楽しませたいです。そして、いつかは、「ミクチャといえば、花だよな」と言ってもらえるようなライバーになりたいです。
 
――花子さんのご両親は、ライバーという活動を応援してくれていますか?
 
応援してくれています。頑張っているなという感じで見ていてくれています。
 
――中学1年生のライバーということで、実際にお母さまはどのような気持ちで娘さんのライバー活動を見ていますか?
 
花子さんのお母さん
「娘がやりたいことなので、できる限りの協力をしています。ライブ配信中は別の部屋にいるのですが、最初の頃は心配でリスナーとしてライブ配信を見たりしていました。素でやっているし、まだまだ幼くてわかっていないこともあるので、見ていて冷や冷やすることもあるのですが、娘の枠に来てくださるリスナーさんたちが、本当に優しく温かく見守ってくれる方が多いので安心しています。
私も応援する立場として、他の方のライブ配信をチェックしたり、娘のファンの方たちと交流することもあります(笑)。楽しんでやっているので、できる限り見守りながら、なんにでもチャレンジしてほしいと思います」





最後に、花子さんのお母さんのお話も聞くことができました。中学1年生で、将来の夢や目標がしっかり決まっている花子さん。進むべき道に向かって真っすぐ突き進む姿と、それを応援するご家族がとっても素敵ですね。今度の活躍に注目です!




\ミクチャに興味がある方はこちら/
ミクチャLINEを追加すると
担当者がミクチャの説明や
ライブ配信の疑問にお答えします!

✨あなたもミクチャ公認ライバーになろう✨


\ アプリインストールはこちら/


関連記事はコチラ▼▼

関連キーワード

関連記事