2021.12.02

レストランデートで男性に【幻滅されちゃう】ポイントって?

レストランデートって、男女二人が向き合っているし、また距離も近いので、自然とお互いの言動や仕草に目が行きます。

なので、そこで図らずも相手の男性に幻滅されてしまわないように、これからご紹介する3つのポイントにぜひ気をつけてください。
レストランで椅子に腰掛けているときには、意外にその人の座り方や姿勢が気になるものです。
これをまとめて「座り姿」と呼びますが、たとえば猫背になっていたり、背骨がねじれているみたいに体が傾いていると、なんとなくだらしなく、魅力がなさそうに見えてしまいます。

ぜひ、「見られている」という自覚をもって、しゃきっと背筋を伸ばして体を真っ直ぐにして座りましょう。

あ、それから肘はテーブルにつかないこと。これも大事な「座り姿」の一環です。人によっては、「マナーが悪い」とすごく気になるポイントなので、やめておいた方が無難です。
レストランデートと普通の食事の違いは、《会話がすっごく楽しくて盛り上がってしまう》というところでしょう。

なので油断するとついつい誰もが《くちゃらー》になってしまいがちです。
男女問わず、誰もデートの相手の口の中で食べ物が咀嚼されている様子を見たいとは思いませんから(好きな相手であれば尚更です)、食べ物を飲み込んでから話すか、少なくとも手で口を押さえましょう。
レストランで食事をするとき、ついつい周りが気になってしまう人もいるはずです。
他のカップルの容姿をさりげなく盗み見たり、大きな声で喋っている近くのグループが気になったりすることって、たしかにあります。

ですが、いくらそれが無意識で他意のないものであっても、キョロキョロされる側の男性から見れば、「俺とのデートに集中していない」と思われてしまいますから、キョロキョロは我慢しましょう。

せっかく対面で座っているのですから、なるべく長い時間彼とアイコンタクトしないともったいないですよ。
レストランでの食事って、ほとんどすべてのデートで必ずやることですから、これら3つのポイントはかなり汎用性が高いです。
ぜひこの機会に3つとも全部頭に叩き込んでください!(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事