2021.12.06

同棲を夢見る女性必見♡男性が「同棲したいな」と感じる瞬間


今回ご紹介するのは、タイトルにもあるとおり男性が「彼女と同棲したいな」と感じる瞬間です。彼氏との同棲を夢見ている女性は、必見です。
二人でおうちデートをしていて、とくに二人で一緒に何かをしているわけじゃなく、各自がスマホを見たり本を読んだりと、それぞれの時間を過ごしているときってありますよね。

同棲の本当の良さって、「常に二人で一緒に同じことをできること」というよりも「同じ空間に居て幸せと安心を感じながら、自分の好きなように過ごすこと」だったりするので、こういう瞬間は、まさに男性が「ああ、二人で住むのって楽しそう」と感じる瞬間の一つです。

彼氏とおうちデートをするときには、常に「ねえ〜緒に何かしようよ〜」とせがむのではなく、たまにはお互いが勝手に好きなことをやっている、というような一見「無駄」な時間を作るのも大事です。
王道かもしれませんが、男性は自分が風邪などで弱っていて彼女に看病をしてもらえたとき、同棲欲が高まります。とくに、体調が悪くなったときというのは、社会人が「一人暮らしってキツい」と感じやすい瞬間ですからね。

もちろん、彼氏の体調の悪さの度合いによりますが「医者に行く必要はなけど、とりあえず家で大人しく寝てます」というレベルであれば、ぜひ好機を逃さず(彼氏が風邪なのに「好機」と言うのは申し訳ないですが)に彼氏の家にかけつけてあげましょう。
一人暮らしをしている社会人男性であれば、彼女に「おかえり」と出迎えてもらえることは絶対に幸せと感じるはずで、これは「二人暮らしって最高なんじゃね?」と強く思う瞬間です。

なので、たとえば金曜日とか平日の夜にお泊りデートを入れておいて、あなたが彼氏よりも先に彼氏の家でスタンバイをするなど、彼氏に「おかえり」を言ってあげられるシチュエーションを作ってあげると良いでしょう。
女性側から「同棲しようよ」と言うのはちょっと言い出しづらかったりもするので、こうやって日々コツコツと彼氏の同棲願望を高めておくことが大切ですね。

ぜひ試してみてください。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事