morahara

2021.12.07

要注意!【モラハラ男】を予感させる男性の何気ない口調3選


「付き合ってみたら、モラハラだった...」というのは、控えめに言っても最悪です。
まあ、その段階で別れればいいかもしれないけど、それでも精神的なダメージは避けられないでしょうしね。

そうならないように、交際前の段階で「モラハラ男を予感させる口調」が彼に見られないか、よくチェックしておきましょう!
「女って」と女性をひとくくりにしてディスるタイプの男性は、モラハラ気質なことがかなり多いです。「女って」で始まるディスは、彼が「女性全体を見下している」ことのサインです。

そして残念ながら、そういう男性にとって「女性全体」から、「自分の好きな女性」が除かれることはありません。

付き合った後で「(やっぱり)お前(も他の女みたいに)馬鹿だな」的なことをたくさん言われてしまう予感がします。
ちょっとした質問、たとえば「なんでそんなことした?」という口調が、詰めっぽい男性もかなり要注意です。

これは感覚的ですが、わかりますよね。何かを聞いてくるときの口調と雰囲気が少し怖い人。職場とかでもよくいるはずです。

普段は優しい男性でも、時折見せるその粘着質で支配的な気配は、決して見逃さないようにしてください。
誰にでも許せないことはありますが、あえて言葉で「ああいうのは許せない」という人には要注意です。

たとえばそれが「浮気する人って許せない」など誰しもが共感できることならいいけど、「待ち合わせに遅刻する人って許せない」など(理由次第だけど、それくらいは許してあげてもいいのでは?)と感じるような些細な点に強い怒りと嫌悪を示す男性は、こだわりが強すぎて、またプライドが高すぎて、付き合った後で彼女のことを色々な場面で詰めまくる姿がありありとイメージできます。
もちろんこれらは一例に過ぎませんが、交際前に「この人、ひょっとして...」と感じる場面が少しでもあったら、一呼吸置いて、付き合うのはその人の性格をもうちょっと見極めてから、にした方が安全です。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事