2021.12.09

「この子人間力高すぎん?」彼氏がデートに遅れたときのフォロー3選!

どうもあかりです。
彼氏がデートに遅刻してきたとき、ストレートに怒りをぶつけるのも手ですが、せっかくならそこでナイスなフォローをして、彼氏に「この子、めっちゃ人間としてできてる!」と評価してもらいましょう。

ピンチをチャンスに変えるというやつです。
ということで今回は、彼氏がデートに遅刻してきたときのナイスフォローのやり方を3つご紹介します。
まず遅刻への対応の基本方針として「じめじめと怒る」んじゃなくて「カラっと怒る」のが大事です。
遅れてきた彼に「別にいいよ」と口では言いながら、その日のデートはずっと機嫌が悪くて明らかに彼氏の遅刻を根に持ってる、みたいなのが「じめじめ怒る」ということです。

これに対して、遅れて登場した彼氏に「遅いぞ!おわびに〇〇おごってね(笑)!」みたいに怒りの気持ちを一瞬で(できれば冗談交じりに)伝えてしまってそれでおしまい、絶対に引きずらない、というのが「カラっと怒る」ということ。

遅刻してきた彼氏にどうしても一言言わないと気が済まないという方は、この方針を意識してください。
彼氏が遅刻するのがわかったら、待ち合わせ場所を変えてしまうのがおすすめです。
例えば駅前で待ち合わせのところを、近くのカフェに変えてしまうとかね。

そうすれば自分自身も待つのが苦痛じゃなくなるし(座れるし飲み物飲めるので)、彼氏も「待たせて申し訳ない」という気持ちが和らぎます。

まさにお互いにとってウィンウィンで、大人な対応という感じがしますよね。彼氏もきっと機転が利くなと理解・評価してくれるはずです。
これは少し上級編ですが、彼氏が遅刻するのが分かったら、近くのコンビニとかに言って自分の飲み物とかのついでに、彼氏の分の飲み物とかを「お土産」的に買っておいてあげるのは超ナイスなフォローです。

彼氏としては、自分が遅刻してしまった以上、「絶対に怒られる...」と思って登場しますから、まさか彼女が自分のために何かを買っておいてくれるなんていう逆の状況は予想していません。

「時間あったし、ついでに買っておいた♡」と言って渡せば、「なんてデキた子なんだろう...」と評価が爆上がりすること間違いなしです。
イラっとしたときにそのまま怒るのは誰でもできることですが、だからこそあえてそこで単純に怒るだけじゃなくて、少し違った行動をとってみる。これだけで自分自身を良い意味で差別化することができますから、遅刻以外でも色々な場面でこの戦略を試してみてくださいね。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事