2021.12.03

言い訳は悪化するだけ!喧嘩をしたときは【素直に謝るべき】理由とは?

喧嘩をした際に、自分の思いを理解してほしいと言い訳してしまいがちですが、それは喧嘩が悪化してしまう一因のようです。
今回はそのリスクについてお伝えします。
理解して欲しいという思いで詳しく話をしたくても、彼からすると言い訳に聞こえてしまいます。
彼に話を聞いて欲しいと思っていても相手を今以上に怒らずだけです。

相手を怒らせないためにも、まずはごめんなさいの一言を先にいうべきなのです。
そして、彼が冷静になってからきちんと話をするべきです。
どれだけ彼に話をしても、怒っている時は冷静には聞き入れてくれません。
そればかりか、彼が今以上に怒り出すきっかけ作りになりかねないのです。
喧嘩を早くおさめたいと思っているなら尚更素直に謝罪が一番です。

多少自分が悪くないと感じることがあっても、喧嘩両成敗であり負けるが勝ちなのだと割り切ってしまう方が楽です。
喧嘩が悪化するのは、なかなか仲直りすることができず、些細な喧嘩が長引いてしまうからです。悪化してから修復することは大変なので、できることなら悪化させずに修復したいものです。

彼をイライラさせないために、ごめんなさいの一言をきちんと伝えてあげることが大事です。
最終的に、相手に対して素直に謝罪を伝えることが一番です。
喧嘩中というのはどちらも気が立っている状態であり、どれだけ冷静に伝えても分かり合うことは困難だからです。
喧嘩を出来るだけ小さなものにしたいと考えるのであれば、とるべき行動は素直な態度です。
相手に嫌な態度をとることなく、まずは先に謝罪をしてしまい言いたい事は彼の怒りが落ち着いた時にするべきなのです。
すると彼も落ち着きを取り戻し、冷静に話をしてくれます。

(ハウコレ編集部)

関連記事