2021.12.08

「私はどうすればいいの?」自分自身の恋愛に迷ったらコレ!


好きな彼がいながら、自分自身がどうすればよいのか迷ってしまうということはよくあります。

大事に思えば思うほど、嫌われることの恐怖心が何よりも先に出てくるのです。
こんな恋愛に迷ったら、ぜひ考えていただきたい行動をお伝えします。
どうしたいのか、自分自身でよくわからなければ他人はもっとわからなくて当然です。
まずは、相手のことを本当に好きなのか考えるべきです。

考え方として好きな相手にヤキモチを妬くことを考えます。
もし、彼がといった想像をして嫌だという感情があるのであれば好きなのです。

気持ちがない相手に対してヤキモチを妬く事はありませんし、相手に気持ちを確定することによって取るべき行動が変わるのです。
相手に対して付き合いたいと思う気持ちがあるかどうかは、もちろんなければ恋愛感情が芽生えていない事を意味します。
相手に好きだな、付き合いたいと思う感情がなければ結論として好きになれていないからです。

好きになれば、自分だけの彼であってほしいとある程度の独占欲が生まれて当然ですし、付き合いたいと思うのです。
もし、そんな感情が芽生えなければまだ好きという気持ちになっていないのかもしれないです。
彼と一緒にいれたらなぁ、そんな感情があり想像できるかどうかは意外に大きなことなのかもしれません。
女性は男性に比べて妄想してしまいがちなものです。

彼とこんなところにデートしたいと思ったり、あるいは彼のそばで幸せな時間を過ごしたいと思えるのであれば、それは好きという気持ちがあるからです。

好きでもない人とデートをしたいともちろん思いませんし、好きだからこそ気持ちが前面に出てしまうのです。
自分自身に確かめて、最終確認をしてください。
もし、最終確認をしてやっぱり相手が好きという気持ちになれたのであれば恋を円滑に進む努力をするべきです。

頑張ることによって、ステキな恋愛のステップアップがあるはずです。
好きな相手かもしれないと感じた時は、一度考えてみる時間を持つことが大事です。
好きという感情に焦りは禁物です。
落ち着いて考え、自分の道を見つけてください。

(ハウコレ編集部)

関連記事