2021.12.03

付き合うのは早い?男性に対しての【自分の気持ち】の確かめ方

デートをしていて、「この人いいかも」とか思い始めたときに猛烈にアプローチをされ、「どうしようかな~、嫌いじゃないけど。ここでOKするのはアリなの?」と迷ってしまうときがあると思います。

ですが、もしもこれからご紹介する内容に思い当たるところがあったら、付き合うのはまだ少し待ってみた方がいいかもしれません。
その男性に対する自分の本音を確かめるための一番シンプルな方法は、自分がその人と手を繋いだり、キスをしたりといったスキンシップをしているのを想像してみることです。
これを想像して、ドキドキできるか、それとも少し気持ち悪いと思ってしまうのか。

好きかどうかというのは、理屈よりも感情で決まるものですから、スキンシップという恋人ならではの交わりをしたときの自分の本能的な反応を確かめてみるのはかなり信ぴょう性が高いでしょう。
もしここで少し引いてしまう自分に気づいたら、付き合うのはまだ早いです。
仮にその男性と今付き合って、その人を周りに「私の彼氏です」と紹介できるかどうかを考えてみるのもアリですね。

少し間接的ですが、自分自身がその人に対してどう行動するかよりも、自分が第三者に対してその人のことをどう話すかの方が、その人の本音が出るところです。
たとえば、嫌いな人に対して直接悪口は言わなくても、陰口を言うことはありますよね。

もし、「今付き合っても、彼氏として友達に紹介はしたくない」と感じるなら、心から自信を持って「好き」だと言える状態ではないということです。
好きかどうかを考えてもわからないときは、自分のモノにならなくても気にしないかどうかで考えると楽です。

その男性が自分の彼氏になってほしいかどうかではなくて、他の女性と付き合ってもいいかどうかを考えてみましょう。

そこで「それは嫌!」と思うのではなく、「まあ、それならそれでいいかも」と思ってしまうのなら、あなたにとって彼の存在はその程度だということです。
好きでもない相手と付き合ってしまうと、相手だけでなく自分も傷つけることになってしまい色々と大変ですから、告白をされたときには、雰囲気だけに流されず最後の最後で一歩立ち止まって冷静に考えてみるのが大事ですね。
その際に、ぜひ今回ご紹介した3つのポイントを活かしてみてください。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事