悩む女の子

2021.11.22

【初心者必見】マッチングアプリで騙されたくない!嘘を見抜く方法と安全なアプリはこれ

マッチングアプリで理想の男性を見つけて会ってみたけれど、いざ会ったらアプリと書いている内容が全然違った…なんてことありませんか?マッチングアプリの場合、どうしても個人情報を隠せてしまうので、嘘を見抜くのって難しいですよね。
今回はマッチングアプリで嘘を見抜く方法と、安全なマッチングアプリについて解説していきます!
モヤモヤする女の子
マッチングアプリでは、自分をよく見せることでより多くの女性とマッチングしようとする人がいるのも事実です。今回はどのポイントに注意すればいいのかについて解説をしていきます。

学歴や年収が高すぎるハイスペ男子

一つ目は学歴や年収を偽っているパターンです。やはり有名大卒以上で、年収が平均年収を遥かに超えている場合、もしかしたら嘘かもしれないと少し疑った方がいいです。
マッチングアプリの中には、結構な確率で有名大卒や、医師やコンサル業などと高年収であることをアピールしている男性がいるのですが、一部の男性は女性とマッチングするために嘘をついている場合があると覚えておいてください。

会ってみたら別人?写真や身長を偽る人に注意

二つ目はアプリ内のプロフィール情報から想像していた人と、実際に会った人が全く別人だったというパターンです。
マッチングアプリでは、プロフィール写真で選ぶ人が多数なので、なるべくいい写真を載せようと加工している人も多いです。
特にSnowなどのアプリで加工すると、本当に別人のような顔写真にすることができるので注意が必要です。身長に関しても、アプリ内ではバレないからと、盛ってプロフィール欄に書いている場合もあります。これらを事前に見抜くのは難しいですが、相手とデートの前にビデオ通話などをすると素顔を確認することができるかもしれません。

一番避けたい…知らぬ間に不倫をしてしまっていた!

マッチングアプリの中でも一番気をつけたい嘘は、相手が既婚者であることを隠しているパターンです。不倫を知らぬ間にしてしまった上に最悪の場合、慰謝料を請求されたり裁判に発展しかねません。
この嘘を見抜くために気をつけたいのは、プロフィール欄の結婚欄が未記入の人は気をつけるようにしましょう。未婚であれば堂々とプロフィール欄にかけますが、既婚の場合どうしても家族に対する後ろめたさから未記入にしている人が多いです。
勤め先を聞いたり、土日の予定を聞いたりして、相手がしっかりと答えられるかどうかチェックすると良いでしょう。未婚男性であれば問題なく答えられる質問ですが、既婚男性にとっては不倫が職場にバレたりするリスクから答えられないことが多いです。またデートをする時間が平日の決まった時間というのも怪しい点です。というのも既婚者だと土日は家族サービスをしていたり、平日の夜も終電を逃すことを頑なに避けようとします。奥さんに怪しまれないようにするため、未婚男性に比べて不自然な点が多くなります。
モヤモヤする女の子
ここまでマッチングアプリの嘘と、その見分け方について解説してきました。ですが、避けられるのであれば嘘が通用してしまうアプリは避けたいですよね。
編集部オススメの安全なマッチングアプリを紹介していきます。

Pairs

Pairsは利用率No.1、毎月13,000に恋人ができる国内最大級のマッチングアプリです。
公的証明書による本人確認が必須で、個人情報セキュリティでもしっかりと基準を満たしており「TRUSTe認証」を取得しているため、安心して利用できます。
更に一般的な年齢、居住地などの項目以外にも結婚への意思、お酒、タバコなど様々な項目から自分の好みの人を探すことができます。

Pairs(ペアーズ)を無料でインストールする

Cocome

こちらもメッセージのやりとりを始める前に、各種公的証明書による年齢確認が必須で、
24時間365日の監視・サポートによって悪質なユーザーを排除してくれているので、安心して利用できます。更に電話帳連絡先と指定距離内のユーザーから非表示にできる機能を搭載しているため、知人にバレることなく利用できるのが嬉しい点です。

CoCome(ココミー)を無料でインストールする
意気込む女の子
マッチングアプリは嘘をついてる人が多いんじゃないかって最初は疑ってしまいますよね。年収や身長、加工をすれば顔までもが詐欺れてしまうので、嘘を見抜く力を養って、良い男性と出会いましょう!

関連記事はコチラ▼▼

関連記事