2021.12.20

俺だけがいいんだもん...。男性が【ヤキモチ】を妬いてるときの特徴

好きなら妬いてほしいと、少し意地悪をしたくなるのが女性の気持ちというものですよね。
しかし、肝心の彼はヤキモチを妬くどころかいつもと変わらないなんて少し寂しさを感じてしまうかと思います。
言葉がいきなり減ったらそれは、彼にとってあまり良くないことが起きた証拠でしょう。
もちろん、彼だって楽しい時にはたくさん会話をしてくれるはずです。
言葉数が減るだけでとても不安に感じていると考えて間違いないでしょう。

男性は女性が思っているよりも繊細な心をもっています。
一度傷をつけてしまうとなかなか前のようには戻れないので注意が必要です。
楽しそうに笑っていた彼がいきなり笑わなくなったのであれば、それは彼が不安に思っているサインです。

男性も女性同様、不安なときは不安という合図を出しているのです。
嫌なことが起きている状態で楽しそうに笑うなど無理も同然ですよね。

相手のことを思うのであれば、好きという感情を彼にぶつけてみて下さい。
目を合わせないということは、それだけ不安感にかられている証拠です。
大好きな彼女でありながら、どうしても彼女を許すことができないというジレンマと戦っているのでしょう。

男性にとって彼女の存在はとても大きなものであることは間違いありませんが、彼女の存在が大きくなればなるほど傷も大きくなっていくのは当然です。

大好きな彼女をとられてしまったような感情になるわけですから、あたりまえと言えば当たり前なのかもしれません。
大丈夫かなぁと心配をする気持ちは、彼女が他の男性にとられてしまうのではないかと思う不安の表れからです。

男性の中では、自分以外彼女に適した男性はいないのだと安心している人もいますが、ほとんどの男性が不安に怯えています。

彼のことを大事に思うのであれば、彼を一番に考えて行動しましょう。
男性だって好きな女性に対して、ヤキモチを妬くのは当然のことです。
好きだから好きと言うのと同じで、言葉ではありませんがきちんと態度に出しているのが男性というものなのです。

(ハウコレ編集部)

関連記事