2021.12.28

要チェック!【同棲中の彼と別れる】ときに気をつけること5つ

「ずっと一緒にいたい」と思って始めたはずの同棲でも「別れたい」と思うことはあります。理由は人によって異なりますが、多くの人は「どうやって同棲を解消したらよいのだろう?」と悩むはずです。

そこで、今回は揉めずに同棲を解消する方法をご紹介します。
同棲を解消するのは、付き合っている彼と別れるよりもハードルは高くなります。なぜなら、生活を共にしているからです。

そのため揉めずに別れて同棲を解消するためには、話を切り出すタイミングがとても大切です。くれぐれも彼が忙しいときや体調が悪いときは避けて冷静なときを狙いましょう。
一緒に暮らす彼と別れるのはそうそう簡単なことではありません。別れ話をした後も隣にいるわけですから、いかに揉めないかが大切です。

そのためには、話し合いでは感情的にならないことが必須です。決して彼を責めたり追い込むようなことを言ったりしないようにしましょう。
そして、互いに納得がいくまで話し合いをすることです。相手に流されないように、意思を貫くことも必要と言えます。
同棲解消後にトラブルになるのが、お金のことです。
お金が関わることは、恋人同士の時には許せたことも、他人になれば許せなくなってしまいます。

トラブルを防ぐためには、お金のことはきっちりとしておくことが必要です。別れるとなれば、部屋の解約時にかかる費用、引っ越し費用などもかかることになりますから、これらも含めてどうするか、納得いくまで話し合い、片方の負担が大きくならないようにしましょう。
一緒に暮らしていれば、家具や家電が揃っていたはずです。互いに持ち寄ったものもあれば、一緒に暮らしてから購入したものあるでしょう。そのため、これらの家具や家電を上手に分けることも、後々揉めないポイントです。


持ち寄ったものは元々の持ち主が持っていく、一緒に住んでから購入したものがいくつかある場合には、話し合いでどちらが持っていくのか決めましょう。
同棲を解消するためには、引越しが必須となります。そのままひとりが残る場合もあれば、ふたりとも引越しをすることもあるでしょう。どちらにしても、引越し先が決まらなければ同棲解消とならないため、早めに引越し先を決めることが必要です。

ただし、引越し先は今の住居から近いところは避けることがベストです。別れたのにすぐに会えるような場所にいると、寂しさからきっぱり別れられない可能性があります。せっかく同棲を解消すると決めたのであれば、離れた場所への引越しを考えましょう。
彼氏と別れたいと思ったとき、別れ話を切り出すのは勇気がいるものです。同棲している相手となれば、さらに勇気がいるでしょう。

別れることで、生活全ても変わるわけですから、かなりの覚悟が必要です。その覚悟も決まったのであれば、できるだけ揉めない解消方法を選びましょう。

一緒に暮らすほどの相手だったのですから、後からトラブルにならないような別れ方をすることで、次の恋愛もスムーズに進められるはずです。

(ハウコレ編集部)

関連記事