2021.12.28

俺のもの!男性の独占欲を刺激する【駆け引きLINE】って?

気になる男性、好きな男性にはやっぱり振り向いて欲しいですよね。
しかし、面と向かってアプローチをかけていくというのは、中々ハードルの高いものです。
そこで、実際にアプローチを掛けるために、LINEを有効に活用するようにしましょう。

今回は、気になる男性に手放したくないと思われるLINEでの上手な駆け引き方法をご紹介します。
嫉妬は恋愛のスパイスです。
男性にとって気になる女性でなくても、ほかの男性の影をうかがわせることだけで、男性は急にあなたのことが気になる存在に感じてしまうものです。
というのも、それは男性の支配欲や征服欲などから出てくる感情だからです。

こうした欲ゆえに、気になっていなかった女性であっても、ある程度友達や知人関係としての仲が成立していれば、男の存在を感じるだけで途端に「誰にも譲りたくない」と気持ちが働き、気になる男性に恋愛対象として意識してもらえるでしょう。
男性にとって”いい女性”というのは、自分の話をどれだけ聞いてくれるのかによります。
通常であれば女性のほうがお喋りで、愚痴などを言いたがるものです。
そうしたとき、男性はガマンして女性の話を聞いてくれているものです。

ですが、男性も愚痴や不満を誰かに吐き出したいという気持ちは常々持っているものです。男は何か不満などあっても、語らずに黙っているものと考えているために中々心の中をさらけ出すことが出来ないでいるのです。

そんなときに、女性のほうから「どうしたの、何かあった?」と訊いてあげれば男性は喜ぶものです。

むしろ、喜ぶというよりも安心する、ホッとするといった表現が近いかも知れません。
そうしたことで男性はあなたの虜になってしまいます。
これまで女性にこうした気づかいをされてこなかった弾性としては、優しく話を聞いてくれるというだけでも、喜ばしく、そんな女性に心奪われるものです。
既読スルーをすると、多くの男性が嫌がるものです。
とは言え、既読即返信となると男性は調子にのってしまいます。
既読を付けたとしても、毎回すぐに返信するのは止めておきましょう。

そうすることで、男性側は何かとやきもきしてしまうのです。
その待つ時間があなたへの想いを強めます。

もちろん、最終的には返事を送るのですが、すぐに返事をするケースを織り交ぜたりと、送るまでの時間を男性がヤキモキしてしまうような感じで空けることで、より男性に意識してもらえるようになり効果的でしょう。
今回は、気になる男性に「手放したくない!」と思われるLINEでの上手な駆け引きで方法を見てきました。

LINEやメールは恋愛において非常に便利なツールですが、普通に連絡を取り合っていては、気になる男性を振り向かせることは出来ません。
便利なツールを、より男性の気を引くような理想的なツールへと変化させましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事