2022.01.12

サインを見逃すな!【浮気】を考えている彼氏が取る行動とは?


結婚してから浮気をされることも最悪ですが、お互いに独身であったとしても浮気をされるのは嫌なものです。大好きな彼氏とは、別れることなくいつまでも仲良く過ごしたいと考えるのは誰もが思っているものです。

しかし、浮気はそんな夢をすべて打ち砕いてしまいます。出来れば、浮気を事前に察知し、止めたいものですね。

そこで、今回は浮気をしたいと考えている彼氏の予備動作についてご紹介します。
浮気をしたいと考えている彼氏は、急に会う回数を減らしてきます。
これまでは、仕事帰りの夜や、休日の昼間など頻繁に会っていたにも関わらず、急に会う頻度に変化が出てきます。

浮気をする場合には、浮気相手とのデートの時間を確保しなければなりません。
ですが、浮気し始めてから彼女との会う回数に変化が出た場合、バレる可能性が高くなるので、浮気したい、モーションをかけてくれる女性がいて浮気を予感している、といった男性は予備動作としてデート回数をコントロールし始めるのです。

徐々にデートの頻度が少なくなれば、彼は浮気をしようとしていると考えて良いでしょう。
これまではスマホに電話やLINE、メールがきても普通に応答していた彼氏が突然スマホに全く応答しなくなり、自分の目の前でスマホを触ることが一切なくなってきていたとしたら、かなりの注意が必要です。

こうした場合は、浮気自体は始まっていないにせよ、少なくとも女性にモーションをかけている状態とみていいので、早めに対処すべきです。
こういう時には、「ねえ、最近スマホ使わないよね」とけん制してみましょう。

彼女が怪しんでいるということが理解出来れば、上手くいけば浮気を阻止出来ます。
ただ、スマホを目の前で触らない場合、既に浮気が始まってしまっている可能性もあるので要注意です。
付き合って間もない頃は、一緒に住んだらどうする?結婚したらどうなるかな?といった将来の話を真剣ではないにしても夢をもって話すものです。

しかし、浮気を考えている彼氏の予備動作として、二人の将来の話や、未来の話は一切しなくなります。

これまではそうした話にも気軽に応じてくれていた彼氏が、急にそうした話に対して気のない返事や、はぐらかす場合は要注意とみていいでしょう。

そういう時には「私たちってこれからも続いていくかな?」と質問してみましょう。
この質問に対して歯切れが悪い場合は、最悪別れも想定していると考えても良いかもしれません。
今回は浮気をしたいと考えている彼氏の予備動作についてお伝えしました。
結婚後の浮気も嫌なものですが、交際している時も浮気は当然嫌なものです。

浮気をされたらすぐに別れるという考えの人も少なくないでしょう。
とはいえ、本音の部分でいえば別れたくないのは当たり前のことと言えます。

浮気も予備動作の時点では、ほんの出来心なので、その段階で阻止するようにしましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事