2021.12.28

これは惚れてまうやろ///男性が「ドキッ」とするスキンシップ♡

男性に好きになってもらいたいと思うのなら、磨くべきは外見だけではありません。正直、一度仲良くなった男性は、女友達の容姿を気にすることはめったにありません。

つまり、容姿ではなく会話のテクニックやスキンシップのテクニックを磨く方が、男性に「もしかして俺、この子のこと好きかも」と思わせることができるのです。

今回のコラムでは、スキンシップ中に男性をドキドキさせたい時のおすすめのテクニックを3つ紹介していきます。既にそれなりに親しい人と良い感じになりたい時に、ぜひ試してみてくださいね。
気になる男性と話す時、わざと小さめの声で話してみましょう。当然、男性は聞き取れずに「え?」と顔を近づけてくれるでしょう。

その時「近くてビックリした!」と言ったり、囁き声で話すと、普段の会話と同じ内容でも男性はドキドキしてくれるはずです。

惚れさせるスキンシップの基本は、男性との距離を近づけることです。自分から近づくだけではなく、たまには男性の方からも距離を詰めてもらいましょう。
何か話したいことがある時や聞きたいことがある時、黙って男性の目を見つめるスキンシップもおすすめです。誰かに見られていたら、それが全くの恋愛対象外の人でも、ドキドキしちゃいますよね。

そのドキドキによる吊り橋効果を利用して、男性を惚れさせるのです。目が合った時に軽く微笑んだり、恥ずかしそうな顔を見せたりするなど、反応でもドキドキさせることができますよ。
スキンシップ中、男性が趣味の話を始めたら、正直興味がない話題でも興味がありそうな顔を見せると良いでしょう。

女性が自分の趣味に共感してくれることを喜ぶ男性は、決して少なくありません。何もわからなくても、男性に楽しく話してもらえるだけでスキンシップとしては成功になりますよ。
「男友達は多いけど、なかなか好きになってくれる人がいない」という人は、もしかしたらスキンシップの方向性が間違っているのかもしれません。

もし彼氏がほしいなら、今までとはちょっと違うスキンシップをしてみると良いかもしれませんよ♡(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事