2022.01.09

自然にはなすことが大切♡【好きな人との電話】での注意点3つ

好きな人と初めて電話することになったという場合、できるだけ彼に好感を持ってもらえるような電話をしたいですよね。

しかしなかには、初めての電話で失敗してしまい、彼に嫌われてしまったという人もいます。

そこで今回は、好きな人と初めて電話するときの注意点を解説していきます。
好きな人と初めて電話するときの注意点としては、無言にならないように注意するということが大切です。

好きな人と電話するときは緊張してしまいますよね。それほど距離が近い関係になっていなければ、どんな話をすればいいのか困ってしまいます。それにより、無言になってしまうという人が多いです。

このようなことになってしまえば、彼はあなたとの電話を楽しいとは思えないでしょう。そのため、今後は電話をしてくれなくなってしまう可能性もあります。

そこで好きな人と電話をするときは、無言になってしまわないように、事前に話すことを考えておいてください。こうすることで無言になってしまうのを防ぐことができます。
一方的に話さないようにするというのも、好きな人と初めて電話するときの注意点となります。

好きな人と電話できるとなれば、テンションが上がりますし、たくさん自分のことを話して好きになってもらいたいとも思いますよね。
しかし、それで自分ばかりが話をしてしまえば、彼としては退屈です。

やはり会話しているときは、自分が話をすることに楽しさを感じます、聞き役になってしまうとつまらないでしょう。

そのため、好きな人と電話をするときは、自分だけが話をしてしまわないように注意してください。しっかり彼にも質問をして、お互いが話をできるようにしましょう。
イジらないようにするというのも、好きな人と電話するときの注意点です。会話を盛り上げるために、あえて彼の悪口を言ったり、からかったりすることもありますよね。

しかし、そのようなイジリをしてしまうと、彼は不機嫌になってしまうかもしれません。あなたは盛り上げるために言った言葉かもしれませんが、彼にとっては悪口でしかないからです。

普段、みんなで話をしているときにそのようなイジリをしているからといって、電話のときにも同じことをしてしまえば、悪口でしかなくなってしまいます。

あくまでイジリは、その場の雰囲気やノリで行われるものですので、それがない電話で行うのはやめておきましょう。
好きな人と電話するときには、普段とは違う振る舞いを行ってしまいがちです。
好きになってもらいたいという欲が、そのようなことをさせてしまいます。

しかしそれは多くの場合、失敗に繋がってしまうものですので、普通に話をするということを心がけて、彼との電話に挑みましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事