2022.01.11

「会うの気まずい...」好きな人に振られた次の日の対処法

好きな人に振られてしまったとしたら、次の日会うのが気まずいですよね。
しかし、その気まずい雰囲気を出してしまうと、他の友達にも気まずい思いをさせてしまいます。

そこで今回は、好きな人に振られて次の日会うのが気まずい時の対処法を紹介していきます。
好きな人に振られて、次の日会うのが気まずいときの対処法としては、自分から話しかけるようにすることです。

振られてしまった翌日に会うというのは、確かに気まずいですよね。しかし、それはあなただけではありません。むしろ、あなたを振った相手のほうが気まずいと思っています。

男性からすれば、あなたを傷つけたわけですので、どのような顔をしていいかわからないものです。そのため、あなたが彼に対して、「もうなんとも思っていない」ということをアピールすることがカギとなります。

あなたが傷ついていなければ、彼も気まずくはならないでしょう。そのため、彼に普通の態度で自分から話しかけてみてください。

「もう大丈夫だから」「気にしてないから」と言って話しかければ、それが本音ではないとわかっていても、彼は普通に話すことができます。次の日に会った最初の対応が肝心ですので、自分から話しかけてみましょう。
会う前にLINEしておくというのも、好きな人に振られて次の日会うのが気まずいときに使える対処法でしょう。

前日に振られたとなると、会う前は気まずいですし、ドキドキもしてしまいますよね。そしてそれは相手も同じです。

そのため、会う日の朝などに、軽くLINEをしておきましょう。「昨日はありがとう。今日からは普通の友達としてよろしくね」というような内容で良いです。

このようにして、会う前に軽くコミュニケーションを取っておけば、実際に会ったときにも話しやすくなります。相手としても、心が軽くなるため、できれば事前にLINEをしておいてください。
友達と一緒にいるようにするというのも、好きな人に振られて次の日会うのが気まずいときの対処法です。

振られた相手と二人で話したり、味方がいない状態で話したりするのは気まずいですよね。しかし、事情を知っている友達がいれば、だいぶ楽です。

友達がフォローしてくれますし、会話も進めてくれます。それにより楽に話せるようになるため、次の日は友達と一緒に行動するようにすると良いです。
好きな人に振られると、次の日会うのが気まずくなってしまいます。
しかし、気まずいからといって話さなくなってしまうと、今後ずっと会話しにくくなってしまうものです。

翌日に普通に話せれば、それ以降も普通に話せるようになるため、今回紹介した対処法を使って、気まずさを解消しておきましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事