2022.01.08

「思ってたのと違う...」付き合うと冷めてしまう男性の特徴


付き合うまでは、「この人と絶対に付き合いたい」と思っていても、いざ付き合ってみると、この人じゃちょっと違うかも…と思うことってありませんか?

付き合うと相手のことを深いところまで見るようになるので、友達関係では見えなかった部分が見えてきます。

実際に、付き合うと冷めやすい男性の特徴を知って、こんなはずじゃなかったと防いでみませんか?
好きで好きで仕方がなくて、たくさんアプローチしても振られてしまったりと、諦めきれずとにかく頑張った!というケースは冷めやすい傾向があります。

なぜなら、一生懸命男性にアピールしても結果が出ないと、男性を振り向かせることが目的になってしまうことがほとんど。

つまり、男性が振り向いてくれたら、目的を達成してしまい、いい気に気持ちが冷めてしまうこともあるのです。

付き合うまでにたくさん苦労した場合、恋人度になった瞬間に冷めてしまうリスクがあることを認識しておきましょう。
優しい男性に多いのが、「女性の意見に身を任せてしまう」ということ。
付き合いたての頃は、何でも自分のしたいことができて、恋人として隣にいられることが幸せで仕方がありません。

しかし、ふとした時に、「この人自分の意見を言ってくれない」と、物足りなさを感じてしまいます。

自分の意見を言わない男性は、自分の芯を持っていないこともありますが、特にこだわりもなく、彼女がしたいことをできれば幸せ♡と考えていることがほとんどです。
どんなに見分が広くていろいろなことを1人で対応できる女性でも、男性には頼れる存在でいてほしいものですよね。

しかし、いざというときに男性が表に立って女性を守る姿勢が見えないと、男性として頼れないところに嫌気が差してしまうことも。

  • 虫が苦手で逃げてしまう
  • 体調が悪くなった時に看病してくれない
  • 「俺はどうしたらいい?」と判断をゆだねる

などなど、頼りなさを感じるシーンは意外とたくさんあります。

いざ付き合ってみると頼りない部分がたくさん見えてしまって、「この人じゃなかったかも」と、一気に冷めてしまうパターンです。
付き合って冷めてしまうのは、片想いの時にはなかった刺激がなかったり、マイナス面が大きく見えてしまうから。

好きだけでは済まされない、男性の頼りなさがあると、気が付くと男性への気持ちが冷めてしまっているなんてことも。

付き合う前に好きの熱が上がりすぎてしまうと、付き合ってから冷めやすい恋愛であることを、覚えておくと気持ちの変化に悩むことが少なくなるでしょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事