2022.01.16

本気で好きになったときだけ!男性が出す【本命サイン】って?

男性が女性に対して本気で好きになったら一体どうなるのでしょうか。

相手の気持ちが分からないと、自分の身の振り方もなかなか決定しづらくなるので、本命のサインを見極められると助かりますね。

そこで、今回は男性が本気で好きになるとどうなるのか、男性の本命サインについてご紹介します。
恋愛に慣れた男性の場合は、好きな女性にはその気持ちを匂わせるということをしてきます。恋愛話を頻繁に振ってきたり、彼氏の有無や、冗談っぽく「自分が好きになったらどうする」と遠回しな言い方をしてきます。

こうした話題を振っていく男性は駆け引きも考えており、自分を意識させようという魂胆も持っています。

また、自信がない男性も匂わせることで本命女性の外堀を徐々に埋めていこうとします。

告白をしてしまえば振られた場合、それで終わりになってしまいます。
そのため、男性は本命女性に「もしかしたら私のこと好きなの?」といわせるほどに匂わせてくるものです。

自分自身も気になっている男性であれば、匂わせに気付いた際に女性側から告白しても良いかもしれません。
多くの男性は本命女性のことを下の名前で呼びたがります。
これまでは苗字で呼んでいたのに、急に下の名前を呼ばれるようになったら、その彼はあなたを本気で好きになっています。

男性は女性よりも独占欲が強いので、周囲の男性に下の名前で呼ぶことで少しでも自分のものであるということを示したいと言えます。ライバルがいる場合は、なおさら仲の深さを見せつけるためにも下の名前で呼んでくるものです。

とはいえ、いきなり呼び捨てに出来る男性はなかなかいないものです。
呼び捨てに出来る関係性でない場合は、さん付けやちゃん付けで呼んでくることでしょう。
本命女性に対する脈アリサインで最も分かりやすいのが、積極的に接してくることです。
とはいえ、元々フレンドリーな人もいますので、積極的に接してきたからといって好きだとは限りません。

見極め方は、その回数の増え方、接した時の距離感が近くなっているというところです。
ライバルがいる場合は、牽制の意味も持っており、積極的に本命女性に接することで自分を好きになってもらおうとします。
男性は、征服欲や支配欲が強いものです。
そうした性質があるため、本命女性が他の男性と話しているだけで強い嫉妬を覚えます。

しかし、付き合ってもいないのに嫉妬を表に出すのは恥ずかしいという思いがあるので、平常心を装いますが、それでも嫉妬の炎は漏れ伝わってくるものです。

自分が他の男性と話したり、親しくした覚えがある場合、それ以降に振る舞いが極端に変わった場合、本気で好きでいると考えても良いでしょう。
今回は男性が本気で好きになったときの本命サインについてご紹介しました。
気になる男性がいたら、その男性が自分のことをどう思っているんだろうということは、とても知りたいことの1つです。

もしかしたら自分のことを好きかも知れないと分かっても、どれほど本気なのかということも知っておきたいところです。

ですが、男性は本気で好きになると、その言動にわりと分かりやすく表に出てきます。
そうした男性の言動で自分に対する気持ちを見極めるようにしましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事