2022.01.18

あなただけじゃない!タイプだった彼氏への愛情が冷めたら...

どんなにタイプだった人でも、付き合ってみなければわからないことがたくさんあります。付き合ってすぐに気持ちが冷めてしまうと、「こんなことで、気持ちが冷めるなんて...」と、自己嫌悪に陥る人もいるのでは?
しかし、気持ちが冷めるのは仕方のないことであり、あなただけではありませんよ。

そこで今回は、彼氏への愛情が冷める瞬間をご紹介します。
価値観は、人によって異なります。お金に関しても、育ってきた環境や状況によって大きく変わるでしょう。
しかし、お金にだらしないところやケチな部分を見ると、気持ちが冷める女性が少なくありません。後先考えずに、手持ちのお金をどんどん使ったり、逆に彼女へのプレゼントをケチる姿を見ると、「このまま一緒にいるのは難しい」と感じる人が多いのではないでしょうか。
デートの際、食事や買い物に出かけることも多いはず。そんな時、店員に対する態度が悪いことで、気持ちが冷める女性もいます。
「俺は客だぞ!」と言わんばかりの傲慢な態度をみると、「こんな人だと思わなかった」とがっかりする人も多いでしょう。
好きな人には優しくしたいものですし、されたいもの。しかし、男性の中には彼女に対して優しさや思いやりがない人もいます。
もちろん、男性はそんなつもりはなく無意識でやっている行動ではありますが、無意識ゆえに「質が悪い」と感じる人が多いです。無意識だからこそ、「直らないだろう」と感じ、気持ちが冷める人も多いでしょう。
男性にとって、魅力的な女性はついつい目がいってしまうもの。彼女がいても、素敵な女性が現れると浮かれる男性が多いでしょう。
そんな彼氏のデレデレした姿を見て、気持ちが冷める人も多いです。デート中に、他の女性に気を取られている姿を見ると、「この人と一緒にいても、幸せにはなれないな」と思うのは当然ともいえるでしょう。
人付き合いは、その人が現れるもの。家族や友達との付き合い方から、気持ちが冷めることもあります。
家族に対し冷たい態度をとったり、友達に見下したような態度をとっている姿を見ると、「人として、どうなんだろう?」と不信感が湧いてくるでしょう。そして、その不信感が気持ちを冷めるきっかけになるでしょう。
好きだったはずの彼なのに、ちょっとしたきっかけで気持ちが冷めてしまうこともあります。そんな気持ちの変化に、自分を責める必要はありません。誰だって、嫌なことや不信感を抱かせるようなことをされれば、気持ちは揺らぐものです。そんな時は、自分を責めて無理に付き合い続けるのではなく、気持ちに正直になりましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事