2022.01.19

「意中の彼から告白されたい!」男性からの告白を引き出す方法

「意中の男性に告白したいけど、やっぱり相手から告白して欲しい!」
そんな思いを抱く時はありませんか?

彼は告白することに慣れていないのか、それともOKをもらえる自信がなくて躊躇しているのでしょうか?
そこで、今回は気になっている彼からの告白を引き出す方法についてご紹介します。
振られてしまうと今の関係を保てないのではないか、気があるように見えるけど間違いなんじゃないかなどと考えて告白を躊躇する場合もありますので、そうしたことを避けるためにも積極的に好きバレしていきましょう。

このように考えている男性には、告白すればOKがもらえるといった確信と安心感を与えてあげることが重要です。

特に近年は脈アリか脈ナシかはっきりしてからではないと告白をするか否か決めかねるという傾向が強いので、しっかりと告白する方向へ向けてあげることが必要になるのです。

「〇〇さんと付き合えたら楽しそう」「そういうところが好きだなー」「〇〇さんの彼女になったら幸せそう」などと、彼に好意があることをアピールしていけば、彼も安心して告白出来るでしょう。
この頃は、常に”待ち”の姿勢を保っている男性は意外に多くいます。
こういう男性は年下の男性や、いわゆる草食系男子と呼ばれる男性に該当します。

「女性の方から告白してくれないかな?」と考えて告白してこない場合もあるので、放っておくと、そのまま告白してこずに終わってしまうというケースも十分考えられます。

そのため、そうした男性には「告白ってするよりも告白されたい派かなぁ」「自分から告白するのって女だし苦手かも…」と告白を促すようなアピールをしましょう。

こうしたアピールをしておけば、「ああ、〇〇さんって告白されたい人なんだ」と苦手なものの何とか自分から告白しなくちゃと考えてくれるでしょう。
意中の男性は、色々なタイプがいることでしょう。
年上の男性、年下の男性、遊び人、草食系など様々です。
相手の男性が中々告白してきてくれない時には、こうした特徴を逆手にとって好みであることを伝えましょう。

「これまで年上の男性としか付き合ったことがない」「年下で可愛い男子が好みかも」「ちょっと変だけど遊び慣れている人が好き」など、顕著な特徴で好みの男性を限定すると「それって俺のこと?」と気づいて告白してくれるようになるでしょう。

こういう話は大勢いる場ではなく、出来る限り少人数、理想でいえば2人きりの方が効果的です。
男性側から告白を引き出すためには雰囲気作りも重要なファクターになります。
まずは、いつもと違うメイクやコーデに挑戦することです。
本気モードのメイク、デートでもOKなコーデでカレと会うと、初めて見る雰囲気のあなたに、絶対告白する!という思いが強くなります。

また、食事や飲みに誘って、デートっぽい雰囲気を作るのも良い方法です。
普段、友達モードや、お仕事モードでしか付き合っていない関係性なら、こうしたデートの雰囲気は男性もフラフラと告白してしまいそうになるはず。

こうした雰囲気作りをして、ダメ押しに「もしかして私のこと好き?」と上目遣いに聞いたりすれば、すぐにでも告白してきてくれるかもしれません。
今回は気になっている彼からの告白を引き出す方法について見てきました。
告白してきそうだけど、中々告白してきてくれない。
いい加減、しびれを切らして自分から告白しようかなと考えている女性は少なくないでしょう。

とはいえ、告白は男性からしてもらいたいものです。
そのために男性から告白を引き出すテクニックを駆使して、意中の男性から告白してもらえるようにしましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事