2022.01.18

心理学から男性心理を学ぶ!【本命男性の落とし方】とは?

男って単純だからと間違った知識を持っている女性は案外多くいます。
そんな間違った知識で本命男性を落とそうとしてもただの迷惑女の出来上がりです。

男心を少しでも理解出来れば、好きな男性を振り向かせることに役立ちます。
そこで、今回は本命男性の落とし方についてお伝えします。
女性は、外見より内面をより重視する傾向が強いのに対して、男性は全く逆です。
男性は外見をより重視して内面をあまり気にしない傾向があります。
ですので、男性は一目ぼれする確率が高いのです。

心理学では、男性の競争心や狩猟本能が関係していて、より魅力ある女性を自分のものにしたいと考えるのが男性なのです。
心理学の観点からみると、内面を磨いて魅力を高めるより、とにかく外見を磨いく必要があるということです。

簡単に言えば、本命の男性を落としたかったら、その男性の好みに近づけるように外見を磨けば、振り向いてもらえる確率がグッと高くなるのです。
まずは、自分を意識してもらうことが重要です。
会う回数が増えれば増えるほど、相手に好意を抱きやすくなるのです。
その効果を心理学用語でザイオンス効果と言い、これは恋愛に関しても有効な手段で、会えない女性よりも頻繁に会う機会のある女性に好意を感じるのです。

同じ学校や職場、コミュニティ内なら尚更、この効果を利用して頻繁に会える機会を増やしてみましょう。
男性は庇護欲が高いため、「俺がいないと」などといった庇護欲を満たしてくれるような女性に好意を感じます。

また、自分を認めて欲しいという承認欲求も高いため、相手の男性の庇護欲を刺激するようなお願いをしてみたり、男性のプライドを満たせるようにちょっとしたことでも褒めて男性の承認欲求を満たせるように意識してみましょう。
男性は察するのが苦手です。
たとえば、男性の仕事が忙しく中々会えなくなった場合、表面上女性は「分かった、頑張ってね」と言いながら、心の中では「少しでもいいから会いたいのに」など本音を隠しているパターンです。

後から、女性に「こうして欲しかった」と本音を言われても、その時はこう言っていたのにと理不尽に感じてしまうのです。

端的に言えば、察することが苦手な男性は、女性の表面上のその言葉を信じていて、要するに察することが苦手なのです。
なので、男性は表情豊かで笑顔の女性に安心感を抱いたり、好意を感じます。
男女関係なくそれぞれパーソナルスペースは存在します。
年齢や性格などによってもスペースの広さが変わってきますが、基本的に男性のパーソナルスペースは縦長の楕円形になっています。

パーソナルスペースを効果的な方法で刺激するには、男性の横になる隣に座るよりも、警戒心の強い正面を意識して距離を詰めるのが効果的です。

正面は警戒心が強いため、あせって距離を詰めようとグイグイいくのは危険です。
本命男性の顔色を伺いながら、警戒心を少しずつ刺激していくのがベストです。
上手く本命男性のパーソナルスペースに入り込めればあなたに好意を持っている証拠とも言えます。
今回は本命男性の落とし方についてお伝えしました。
本命男性を確実に落とすには、男性の心理を利用してまずは自分に興味を持たせる、意識させることです。

心理学で男心が分かれば、どういう方法で振り向かせるのがいいのか分かりますよね。
焦ると図々しい女性として本命男性に認識されてしまう可能性もあるので、お伝えした方法で少しずつあなたに好意を向けさせることがポイントです。

男心を掴んで、確実に本命男性を落としましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事