2022.01.23 更新

「その付き合い方、大丈夫?」短期間で別れるカップルの特徴4選

恋がいつも短命で終わってしまって、長期間付き合ったことが無いという女性もいますよね。どうすればずっと付き合っていける彼氏ができるのか分からないと悩んでしまうこともあるでしょう。

恋が短命で終わるのは、あなたに原因があるのかもしれません。すぐに別れるカップルは別れるだけの理由があるのです。そこで、短期間で別れてしまうカップルの特徴について紹介します。
相手に嫌われたくないという思いから、言いたいことがあっても言わずに耐えてしまうという女性もいますよね。この行動が、恋が短命に終わってしまう理由かもしれません。

ガマンはいつか爆発します。最初のケンカが大きなケンカだと、仲直りの仕方も分からずにそのまま別れてしまうなんてこともあります。日頃から不満を溜めずに、言いたいことは言えるようにしましょう。
お互いがフリーだったからなど、ノリで付き合うカップルも短期間で別れることが多くなります。相手のことを知らなさすぎて、付き合ってから見える嫌な部分が多すぎるのです。

また、どちらかが本気になった場合、相手がそっけなさすぎて気持ちに情熱差が生まれてしまうこともあります。お互いの気持ちに差があると、すれ違いが大きくなってしまうのです。
彼氏のことが好きというよりも、彼氏という存在が大切だと感じている女性もいるでしょう。このような依存している関係だと、依存された方が耐えられなくなってしまいます。

恋人に依存している人は、自立できていないことが多々あります。自分で幸せになろうとするのではなく、彼氏に幸せにしてもらおうとするため、彼氏は息苦しさを感じます。彼女の気持ちが重荷になっていき、別れることになるのです。
付き合って何年もたっていて、会話が少なくても相手の気持ちがわかるというのであればいいですが、付き合い当初から会話が少ないカップルは別れやすくなります。

二人でいるのにお互いに携帯を触っていると、相手の人となりが分かりません。信頼関係も生まれることがないので、付き合っているけれど大切じゃない相手になってしまいます。
自分の付き合い方が当てはまったという女性もいるのではないでしょうか。次の彼氏と付き合う時は、紹介した項目に注意してお付き合いを始めてみましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事