ケンカ

2022.01.23

意外と結婚あるある!?結婚後に多い夫婦の喧嘩原因とは?

「結婚したい」と思っている人や、これから結婚予定の人は、新たにはじまる生活にワクワクしているでしょう。しかし、結婚生活は良いことばかりではありません。

どんなに好きな相手とはいえ、他人と一緒に生活する訳ですから時にはぶつかることもあるでしょう。今回は、結婚後に多い喧嘩の原因についてご紹介します。
最近結婚生活がスタートした夫婦は共働きの家庭が多いでしょう。二人とも働いているとなれば、家事の負担も平等にするのが理想的です。しかし、これがなかなかうまくいかない夫婦が多い様。

「旦那が家事を全く手伝ってくれない」「家事負担が多くて、ストレスが溜まっていく一方」という女性が多く、大喧嘩に発展するケースが増えています。
恋人の時には、デート代を割り勘にしていたカップルも多いはず。しかし、結婚すれば家族となるわけですから、お財布を一緒にする夫婦が多いでしょう。

それゆえに、結婚してから金銭感覚の違いに気づく夫婦も少なくありません。金遣いが荒い、ケチで何も買えないといったように、不満を抱えて喧嘩になるケースも。

中には、経済的に苦しいことで気持ちに余裕がなくなり、喧嘩が増えるケースもあります。
どんなにタイプの男性で、相性があう人であっても子供に対する考え方まで同じ都は限りません。
「子供がほしい」「子供はいらない」といったことで揉めることもあれば、子供の育て方について揉める夫婦がたくさんいます。子育てに協力せず、ワンオペ育児に苦しんでいる女性も多いのではないでしょうか。
恋愛関係の時は、二人が楽しければそれだけで関係は維持することができます。しかし、結婚となればそうはいきません。

嫌でも相手の親、兄弟、親戚との付き合いが必要となります。どんなに好きな相手の親、親戚であっても、上手に付き合うのは難しいもの。

「もう少し、義両親との行き来を減らしたい」なんて一言から、大喧嘩に発展するケースもあります。
新婚といっても、結婚生活がスタートすればいつもと変わらぬ生活がはじまることになります。生活をしていくためには、やはり仕事は欠かせないものです。

しかし、互いに仕事に追われ新婚にも関わらず顔を合わす時間がない夫婦もいます。そんな夫婦の中には、コミュニケーション不足のために関係が壊れてしまうことも。

コミュニケーションが足りず、互いに余裕がなくなることで、修復不可能なところまで陥ってしまうこともあります。
新婚生活というと、ラブラブで甘い生活をイメージする人が多いでしょう。

しかし実際の結婚生活は楽しいだけではありません。結婚前には考えられないような喧嘩をすることもあるでしょう。でも、それこそが現実の結婚生活です。

これを上手に乗り越えるためには、事前にどんなことが喧嘩原因になっているのか知っていることも大切。原因が分かっていれば、未然に喧嘩を防ぐこともできるはずです。
(ハウコレ編集部)

関連記事