2022.01.19

【干支別】 男性が本命だけに見せる「最高の愛情表現」<前半>

男性から愛情を届けられているのかどうかは、女性にとっていつでも心配のタネ!
彼の愛情表現のパターンがわかれば、ずっと安心できるかもしれませんよね。

今回は男性の干支別の「本命にだけする愛情表現」を、子〜巳年を前半、午~亥年を後半としてお送りします!
子年生まれの男性は、好きな人に対してあれこれ口も手も出す傾向があります。
実は、ちょっと女性からうっとうしがられることもあるという、寂しい現実......。
でも、「これは、もっとこうしたら?」とアドバイスをもらったり、勝手に手伝ってくれたりするなら脈ありかも。
丑年生まれの男性は、物静かでなかなか愛情表現がわかりにくいタイプでしょう!
言葉よりも圧倒的に、態度で示す人が多いのが特徴です。
別に何か役に立つことをしてくれるわけではないのだけれど、ただそばにいてくれる時間が長いのは愛情表現とみて良いでしょう。
寅年生まれの男性は、好きな人に対してちょっかいをかけてくることが多いようです。
十二支にネコはいないと言われますが、寅年生まれの人はまるでネコのよう。
自分勝手な節はありますが、退屈するとすぐに構ってほしくて、どうでもいいLINEなどを送ってくるでしょう。
卯年生まれの男性は、好きな女性といつも絡んでいたいのが本音です。
直接話ができるときは、とにかく話しかけてくる回数が多いでしょう。
その中身もちょっとした悩み相談だったり、不安感の共有だったりと、自分自身の弱みを見せてくるのが愛情表現になっています。
元気な辰年生まれの男性は、好きな女性のことを笑わせてこようとすることがよくあります。
ちょっと変なことをしてみたり、おもしろいメッセージを送ってきたりと、やり方はさまざまです。
女性のころころ変わる表情が面白いので、意地悪をして怒らせようとすることもあるかもしれません。
巳年生まれの男性は大体頭が良いタイプ。
あの手この手を使って、自分を良く見せようとアピールしてくることが多いでしょう。
実際、頭がいいのでいろいろな実績を持っているのではないでしょうか。
先日は売上1位を達成した......など、女性にとってどうでもいい成果報告も愛情表現です。

関連記事はコチラ▼▼

関連記事