2022.01.27

「キミが好きだけど..」自分からアプローチしない男性心理とは?


明らかにこの男性から好かれている、周りからもあなたのことが好きだというのを聞かされている状態なのに、当の本人からは一向にアプローチがないということはありませんか?態度ではなんとなくアプローチされているかもと思っても、言葉で示してくれないとわからないこともありますよね。
また、あまりにも男性からアプローチされないと「本当は私のこと好きじゃないのでは?」と感じてしまいませんか?

そこで今回は、好きなのに自分からアプローチしない男性の心理について紹介します。
性格が奥手で今まで自分からアプローチしたことがない男性は、今回もどう動いたらいいかわからないため、結果的にアプローチしないということになる可能性があります。

男性の中には、とてもシャイで話しかけることさえも難しいと感じる人もいるようですよ。いざ動こうと思っても体が固まってしまうのでしょう。
確かに男性の中に好きな気持ちがあっても、女性の気持ちが自分に向いていないとアプローチすることができないと思う男性もいるようです。

こういう男性は「先に女性の気持ちが知りたい」「女性も自分のことが好きなら告白する」という考えを持っているのでしょう。リスクは回避して成功を手にいれたいタイプですね。
今恋人ができたとしたら結婚まで考えたい、と将来のことを見据えているため、色々と迷ってアプローチできない男性もいるようです。

「この女性でいいのか」「他の出会いがあるかもしれない」と色々な可能性を考えることでなかなかアプローチできなくなっているのでしょう。
たとえば仕事です。「今は仕事が軌道に乗っていないから付き合ったら迷惑かけるかもしれない」「もう少し仕事が落ち着いてからじゃないと...」などのように仕事のことが気になると、好きな女性がいてもアプローチしようという気持ちにまでならないこともあるようです。

仕事以外にも、身内のことで気になることがあったり、実はバツイチ子持ちで子供のことが気になったりなど、恋愛に支障が出そうなことがあると男性はアプローチしないこともあるかもしれません。
男性は、好きな女性がいても簡単にアプローチできないことがあるようです。特に年齢を重ねるごとにアプローチするのが難しくなることもあるでしょう。
アプローチしてこないときは、思い切って女性からしてみるのもおすすめですよ。(みいな/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事