2022.01.30

「ホントは彼に甘えたい...♡ 」不器用女子が彼氏に甘えるコツ

女性の中には、「彼氏に甘えたい」と思っているのに、素直に甘えられない人がいます。彼から「大丈夫?」「どうしたの?」と救いの手が差し伸べられているにも関わらず、「大丈夫」と強がってしまう人も多いでしょう。これでは、どんどん甘えることができなくなってしまいます。そこで今回は、彼に素直に甘える方法をご紹介します。
彼氏に甘えられない人には、「彼に頼ったら迷惑をかけてしまう」「弱い部分は見られたくない」と思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、彼氏は特別な存在です。好きで信頼している相手だからこそ付き合っているはずですから、素直に接した方が得!まずはあなたの思っていることを素直に伝えることからはじめましょう。
甘え慣れていない女性の中には、甘えるきっかけやタイミングが分からない人もいるでしょう。長年、強がってきた女性にとっては甘え方が分からない人も多いはずです。

そんな時は、まずは「甘えてもいい?」と前置きすることがおすすめ。この一言をプラスすることで、「次の日曜日、行きたいところがあるんだけど...」などお願いごとも伝えやすくなるでしょう。
甘えられない女性は「彼に嫌われたくない」という思いが強いあまり、甘えられない人もいます。しかし、男性は彼女から頼られるというのは嬉しいもの!困った時には彼を頼りましょう。

「相談があるんだけど...」「連れて行ってほしいところがあるんだけど...」と言われた彼は、喜んであなたをサポートしてくれるはずです。
彼に甘える時、スキンシップは欠かせないものです。しかし、今まで自分から甘えたことがない女性にとって、自分からスキンシップする方法が分からない人が多いでしょう。

スキンシップというと、ハードルが高いように感じるかもしれませんが、手に触れるだけでも立派なスキンシップです。何よりも、あなたから彼の手に触れることに「甘える」という意味がありますから、勇気を出して彼の手に触れてみましょう。
彼に甘えるためには、物理的な距離感を縮めることも大切。そんな時には、さりげなく彼に寄りかかるのもおすすめです。

「はぁ…疲れた」「眠たくなってきた」と彼に寄りかかれば、自然に距離感を縮めることができ、スキンシップにもなります。こういったちょっとした触れ合いがあることで、あなたも甘えやすくなるはずです。
普段からしっかりしていている強い人ほど、彼氏の前でもついつい強がってしまいます。でも、これでは彼氏にとっても「信用されていないのだろうか?」「俺は必要なのだろうか?」と不安に思えてしまいよくないです。

せっかく甘えられる相手がいるのであれば素直に甘えた方が得!ぜひ彼に思い切り甘えてみてくださいね♡

(ハウコレ編集部)

関連記事