2022.02.11

デートしたらなんか違った...となる女子の【口癖】はコレです

顔のかわいさとデートの満足度は全く別物です。いくら外見が相手の好みでも、デートを楽しませられないとモテないし、付き合っても愛されません。

というわけで今回は、「かわいいと思ったけど、デートしたらイメージしてたのと違ったと思われる女性の口癖をご紹介していきます!
デート中に「歩き疲れた」とか「眠い」といったネガティブな感想を連発するのがモテない女子の特徴です。

こういったセリフを言う本人としては「別に相手の男性をディスっているわけじゃないよ」というのが本音なのかもしれませんが、言われた側の男性からすると「お前のデートプランが悪い」と言われているようなもの。喜べるわけがありません。

またこういったセリフは、「デートは二人で作り上げるもの」という大切な考え方を根本から欠いているようにも思われてしまいます。
大きなジャンルとしては先ほどの「ネガティブな感想」に含まれますが、なかでも最大の「禁句」が、相手の男性が選んでくれたレストランでのネガティブ発言です。

「あんまりおいしくない」や「なんかここ、思ったより普通だね」など、そのお店の料理をディスる発言は絶対にNG。

その彼がごちそうしてくれる(と予想される)場合はもちろん、仮にワリカンでも、こういった発言はお店選びを頑張ってくれた彼に失礼です。
男性のファッションをいじる女性も少なくありません。

たしかに、男性のファッションセンスは女性から見ると「それなに(笑)?」と思えるほど、謎のガラ物やアクセサリが使われていることも多いかもしれませんけど、「デート」なんだから少なくとも彼なりには「本気」のはず。

それを茶化すのはあまりにもかわいそうだし、「あなたは脈ナシです」の意味にも受け取られかねませんよ。
せっかく気になる男性と二人きりのデートにこぎつけたのに、思わぬ失言でチャンスをふいにしてしまわないように気をつけましょう。

口はわざわいの元です。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事